top of page

病院からの短いメッセージ



2024年1月24日


病院からの短いメッセージ


ハレルヤ、皆さん。


病院からの短いメッセージです。言いたいことは3つあります。



まず、祈りと宣言の力を知ることが大切です。3週間前、義理の姉の一人が私に預言しました。彼女はこう言いました。「平和の神は間もなく、サタンをあなたの足下に打ち砕くでしょう。」そしてその日、私は初めて歩きました。手すりを持ちながらですが、私は歩きました。


月曜日に、同じ義理の姉に何か言葉がないか尋ねると、「起きて歩きなさい」と言いました。その後、私は杖をついて30メートルほど歩けるようになりました。


月曜日にもうひとつ、ダンカン・スミス、ジョン・アーノットとキャロル・アーノット、そして息子のマイクと電話をしました。彼らは私のために祈ってくれました。力強い油注ぎがありました。その日のうちに、私はとても強くなり、そして、これは神の民の祈りのおかげだと気づいたのです。


次に、私たちは喜ぶべきです。ハバクク3章17-18節を思い出してください。たとえ物事がうまくいかなくても、私は主を喜ぶと書かれています。喜びは御霊の実です。「そうだ、喜ぼう」と決心すれば、喜びはやってきます。そうすれば喜びが溢れてきます。だから私たちは喜ぶべきです。ハバククの箇所は続けてこう書かれています。「私の主、神は、私の力。私の足を雌鹿のようにし、私に高い所を歩ませる。指揮者のために弦楽器に合わせて(3:19)。」私は神においてより高く行きたいです。私は神をもっと知りたいです。主を喜ぶとき、主は私に高い山に登る力を与えます。


そして、私たちは大きな収穫の時を迎えており、神は私たちを使おうとしています。さらに重要なことは、神が私たちの心を求めておられるということです。それが最初で最大の戒めです。 「心を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい(マルコ12:30)。」私たちが心から主を愛するとき、主はミニストリーのチャンスをたくさん開いてくださいます。私たちの第一の焦点は、心を尽くして主を愛することでなければなりません。


祈りを感謝します。


ロン・サーカ


追記:MPPは2月末までお休みです。

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page