top of page

2023/11/8 神は神の川の新たな深さを解き放たれた

更新日:2023年11月15日

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年11月8日 

聖書暦5784年ヘシュバンの月24日



「さて、祭りの終わりの大いなる日に、イエスは立って、大声で言われた。「だれでも渇いているなら、わたしのもとに来て飲みなさい。わたしを信じる者は、聖書が言っているとおりに、その人の心の奥底から、生ける水の川が流れ出るようになる。」」(ヨハネの福音書7章37〜38節)


「彼がさらに一千キュビトを測ると、渡ることのできない川となった。水かさは増し、泳げるほどの水となり、渡ることのできない川となった。」(エゼキエル書47章5節)


「この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き、非常に多くの魚がいるようになる。この水が入ると、そこの水が良くなるからである。この川が入る所では、すべてのものが生きる。」(エゼキエル書47章9節)



神は神の川の新たな深さを解き放たれた


Catch The Fireトロントからこんにちは!


私がここにいた数日間、主は本当に祝福してくださいました。まず、11月2日(木)には預言者の集まりがあり、主は力強く導いてくださいました。金曜日の夕方からは、600人ほどが参加した2日間の大規模なカンファレンスが始まりました。最も重要だったのは、神が神の川の新たな深さを解放されたことだと思います。私はこのことについて預言し、預言チームの他の何人かもこのことについて語りました。


夜の集会の時間が近づくにつれ、主は、私たちがイエスのもとに来て飲む(イエスと交わる)ときはいつでも、私たちから生ける水の川が流れ出る(ヨハネ7:37-39)という真理を私に思い出させていました。その後、私たちリーダーのグループが集まり、集会のために話し合って祈ったとき、主は再びそのことを私に強く印象づけました。


しかし、主が私に深い理解と啓示を与えてくださったのは、集会と賛美が実際に始まってからでした。賛美が流れ、賛美が深く強くなるにつれて、私は突然、主が皆に影響を与えて祝福するために、新しい川を放たれているように見えました。しかし、考えれば考えるほど、主は私たちを主の川の新たな深みへと導いておられることがわかりました。それは、私たちがこれまで入ったことのない深さだったのです。


この川は、エゼキエルが神の神殿から流れ出るのを見た川だと信じています(エゼキエル47:1-12)。この川は流れ出れば流れ出るほど深くなりました。エゼキエルは、最初は足首の深さ、次に膝の深さ、次に腰までの深さ、そして泳がなければならないほどの深さだと表現しています。この川が進むにつれて、とても強く、深くなり、木々(これは国々を意味する)を含め、この川が触れるすべてのものが癒されました。


その夜、私が預言した主の言葉は、この川に関するものでした。神は私たちをもっと深いところへと導いてくださっていました。私は、CatchThe Fireの正体が、神に飢え渇いていた大勢の人々であることを悟りました。彼らは皆、この川の深みでリフレッシュと大きな回復を経験しました。そして、このリフレッシュと回復のゆえに、彼らは主に対してさらに飢え渇くようになったのです。


この飢えと渇きは長い間、激しく続いてきました。それは揺らぐことも衰えることもありませんでした。そして今、そう、今、主はこの川の新たな深さを解放しようとされています。私たちは、かつて見たことのない川の流れと深みに身を置いています。


癒しと奇跡を目にし、体験するでしょう。しるしや不思議を見ますが、決して傍観者としてではありません。私たちは、これらのことが私たちを通して起こっていることに気づくでしょう。私たちは、自分たちがこの川に流されていることに気づき、目の前で大きな収穫を見るでしょう。新しいミニストリーが開かれます。神は私たちを、夢にも思わなかったような場所に連れて行き、用いてくださいます。


私たちは、神が神の川の新たな段階、新たな深さを解放されたのを見なければなりません。1995年に始まったそれは、リフレッシュと回復の川と呼ぶのが正しいと思います。それはとても力強く、強大で、奇跡は数え切れないほどありました。しかし今こそ、神の民が神を求め、渇望していた新たな深みと力なのです。それは1995年に放たれたのと同じ川ですが、私たちは新たな段階にいます。それは癒しと収穫のための川です。エゼキエル47:9の詳細を確認してください。


  1. 「この川が流れて行く所はどこででも、そこに群がるあらゆる生物は生き・・・」これは主に、癒しと奇跡の川となります。

  2. 「・・・非常に多くの魚がいるようになる・・・」大きな収穫があります。魚はいつも収穫を指しています。

  3. 「・・・この川が入る所では、すべてのものが生きる。」地域や国々の癒しを見るでしょう。


非常に単純な説明であることは承知していますが、私は、多くの人々が長い間待ち望んできたことが今ここにあると心から信じています。


お祈りをありがとう。

ロン&テディ



ヘシュバン - ヘブル暦5784年第8月

8という数字は常に新たな始まりを意味し、まさに私たちはその始まりの時を迎えています。第7の月であるティシュレは完成を意味する月で、私たちは一巡し、神が私たちの源であるという最も基本的な真理を新たにしました。私たちは神に、そして神だけに頼るのです。また、ティシュレの月は収穫の月であり、神は常に私たちに収穫を期待しています。さらに、ティシュレは聖霊の水に関することでもありました。私たちが主の内に留まり、主が私たちの内におられることを意識すればするほど、聖霊のいのちの川が私たちから流れ出し(ヨハネ7:37-39)、私たちは「収穫者」となります。だから、これを収穫の始まりとしましょう!



Travel/Ministry Schedule

11月17日〜19日 バージニア(アメリカ)



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

(MPPは11/23, 11/27-12/1, 12/25-1/8まで休みとなります。)

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分


ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



新年(5874年)のための新しい4曲


ピート・サーカが書いた新年のための4つの新曲を、これからも皆さんの目の前に置いておきたいと思います。もしまだ聴いていないなら、ユーチューブで聴くかダウンロードして、祝福されることを信じています。神の栄光につながる賛美のうちに入ると思います。「主はまことにいつくしみ深い。その恵みはとこしえまで」と主に向かって賛美した。そのとき、その宮、すなわち主の宮は雲で満ちた。」(第二歴代誌5:13)。


1)ロシュ・ハシャナ - 神のいつくしみと偉大さに浸るための歌

2)贖罪の日 - “Let There Be Nothing

3)仮庵の祭りの初日 - “The Upright

4)仮庵の祭りの最終日 - “Arise, Wake Up” (イザヤ60:1-4)



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます。https://amazon.com/author/ronaldsawka.


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)


献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2023使徒的ファンド約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2023年度使徒的ファンドサポーター」の件名で上記の情報を送信してください。


最新記事

すべて表示
bottom of page