top of page

2024/4/24 過越祭 - 自由にされる時


ロン・サーカ・ミニストリーズ

2024年4月24日 ニサン 16, 5784



「主がエジプトを打つために行き巡られ、かもいと二本の門柱にある血をご覧になれば、主はその戸口を過ぎ越され、滅ぼす者があなたがたの家に入って、打つことがないようにされる。」(出エジプト12章23節)

「新しい粉のかたまりのままでいるために、古いパン種を取り除きなさい。あなたがたはパン種のないものだからです。私たちの過越の小羊キリストが、すでにほふられたからです。」(1コリント5章7節)

「その翌日、わざわいをもたらす、神の霊がサウルに激しく下り、彼は家の中で狂いわめいた。ダビデは、いつものように、琴を手にしてひいたが、サウルの手には槍があった。」(1サムエル18章10節)

 

過越祭 - 自由にされる時


こんにちは!

ヘブル暦の最初の月であるニッサンのハイライトのひとつは、過越祭の週(4月22日~29日)で、主な教訓のひとつは自由と解放です。最初の過越祭は、神は国民全体を一夜にして解放しました。その最初の過越祭は、血の力を示しました。主は、民が信仰をもって応え、かもいや門柱に過越の小羊の血を塗ったのを見た所ならどこでも「過ぎ越し」、破壊者が入って襲うのを許されなかったのです。今日、私たちはイエスを信じます。彼は私たちの過越の小羊です。イエスの血は私たちの心と人生の門柱を覆います。つまり、私たちは永遠の裁きから解放されるのです。同じように、私たちの地上生活においても、イエスの血によって覆われているため、滅ぼす悪霊の侵入は許されていません。

一方、クリスチャンとして、私たちの人生はイエスの血潮によって覆われているにもかかわらず、悪霊の抑圧との闘いがまだ続いている可能性も大いにあります。もしそうなら、その理由は、私たち自身が開けた扉のせいかもしれません。私たちは、ねたみ、嫉妬、恐れ、劣等感などの間違った/邪悪な思いに屈することによって、知らず知らずのうちにこれらの扉を開いてしまうのです(ガラテヤ5:16-19参照)。私たちがこれらの「思い」を受け入れ、それに同意するときはいつも、自分で開いたドアから悪霊が入り込み、問題を大きく悪化させる可能性が非常に高いのです。最初は小さなねたみの火種であったものが、やがて荒れ狂う破壊の炎となるのです。サウル王の生涯での出来事が、これを物語っています(1サムエル18:7-10)。

ある日、サウルとその部下たちが戦いから戻ると、勝利を喜び、賞賛と賛美の歌を浴びせる人々に迎えられました。 彼らはサウル王が 「数千人」倒したことを喜び歌いましたが、本当に興奮したのは、若くて人気が高まっているダビデでした。ダビデが「数万人」を殺したことを歌ったのです。

サウル王は、若者たちや祝賀の群衆の熱狂を喜ぶどころか、たちまち不安、劣等感、嫉妬の感情に襲われました。彼は喜びと勝利を失い、憂鬱になりました。ここでサウルは選択を迫られたのです。

彼は信仰と謙遜を選ぶべきでした。彼はこう言うべきでした。「主よ、この若き戦士ダビデをありがとうございます。そして率直に言って、主よ、私は少し心配しています。しかし、主よ、私は心配する必要はありません。なぜなら、あなたがすべてを治めているからです。主よ、私は心配する必要はありません。」

しかし、サウルは正しい選択をしませんでした。それどころか、不安と嫉妬の感情に同調したのです。その思いはどんどん大きくなっていきました。聖書によると、その翌日、苦しめる霊(悪霊)がやって来ました。サウルがその霊と完全に同意していたので、神はその霊の侵入を許されたのです。

これは、私たちにとって重要な教訓です。私たちはすぐに間違った考えに対処しなければなりません。パウロが言っているように、「私たちは、さまざまの思弁と、神の知識に逆らって立つあらゆる高ぶりを打ち砕き、すべてのはかりごとをとりこにしてキリストに服従させ、(2コリント10:5)。」これらの思いはパン種(酵母)のようなもので、小さなものですが、すぐに大きくなります。これが、過越祭が一週間にわたる種無しパンの祭りとして行われる理由です。イスラエルの民は、熱心に家を捜して、あらゆるパン種を取り除かなければなりませんでした(出エジプト12:15,19)。現代の私たちにとって、その意味は明らかです。私利私欲や肉の思いが湧き上がって残ることを許してはなりません。

主に、私たちが間違った考えを見分けるのを助けてくださるよう絶えず願い、そして力強く「ノー」と言い、悔い改めて、その間違った考えの扉をバタンと閉めるようなクリスチャンになりましょう。主は私たちをきよめ、解放してくださいます。しかし、もしあなたが苦しめられていると感じ、否定的な考えの氾濫を止めることができないなら、主があなたを解放してくださるように頼みましょう。

1)悔い改めれば、イエスの血によってすぐにきよめられます。
2)神があなたのために最善を尽くしてくださるという真理に置き換えてください。
3)その間違った思いにつながっている悪魔がすぐに出て行くように命じてください。
4)神の平安と臨在に満たされているようにしてください。

この過越祭を解放と打ち破りの時としましょう。

祈りに感謝します。

ロン&テディ

 

活性化は、私たちがこれから迎える収穫において、とても重要な鍵です。神は私たち一人ひとりが活性化され、収穫の場に解き放たれることを望んでいます。以下のリソースは、あなたが神からより多くのことを聞き、神によってより多く用いられるための助けとなるでしょう。

ご希望の方は、ここで購入できます。





 



 

過越祭 - 自由にされる時


ニサン:へブル歴の最初の月 5784年
2024年4月9日~5月8日

このニッサンの月のハイライトの一つは、過越の祭りと1週間にわたる種無しパンの祭り(4月22日~29日)です。以下の内容に注目してください。

過越祭は、私たちがイエスにおける偉大な救いをより豊かに体験できるようにするためのものです。私たちは、最初の過越祭を学ぶことで、このことを体験することができます。次のことに注意してください。

1)解放:イスラエルはエジプトから解放されました。私たちは、自分がどこから来たのかを思い出し、主に感謝する必要があります。ペテロは過越祭の週に牢獄から解放されました(使徒12章)。新しい次元の解放を期待しましょう。

2)渡る時 (最初は出エジプト記14章の紅海、そしてヨシュア記4-5章のヨルダン川)。今年は、教会がかつて見たことのないような収穫の時を迎えられると信じています。

3)非難は取り除かれます(ヨシュア5:9)。私たちのアイデンティティの一部として残っている古い挫折感は、私たちの妨げになります。イエスは私たちからそれを取り除くことを望んでいます。賛美が鍵であることを忘れないでください。あなたが主を賛美するとき、古い非難は取り除かれていくのです。

4)新しい備え(出エジプト12:35-36、ヨシュア 5:10-12)。過越祭は毎回、主が新しい備えで私たちを祝福したいと願っている時です。それを探してください。期待してください!


MPP - 新しい始まり


MPPは月曜日〜金曜日(午前6時18分〜45分)

4月29日(月)〜5月6日(月)までMPPお休みです。5月7日(火)から再開します。

注記:上記の時間は全て日本基準時間です。

ロン・サーカ Youtube:www.youtube.com/@rwsministries


リソース


ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。

info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます。https://amazon.com/author/ronaldsawka.

英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。

中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。


ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)

献金振込先
ゆうちょ銀行: 029店当座0142537
口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)
口座記号番号: 00250-6-142537

使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。

2024使徒的ファンド約束献金
氏名:
口数:
祈りが必要な家族:
国籍:
メール:

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page