Blessings for the Hebrew Month of Tishrei

最終更新: 2020年10月1日

Tishrei—The Seventh Month of the Hebrew Year 5781

Sept. 19–Oct. 18, 2020


A New Beginning


The first day of the seventh Hebrew month, Tishrei, is not referred to as Rosh Chodesh—head of the month, but is known as Rosh Hashanah—head of the year. It is the beginning of the new Hebrew Year 5781. There are three feasts/special days this month: Blowing of Trumpets on Tishrei 1 (Sept. 19); the Day of Atonement on Tishrei 10 (Sept. 28); and the Feast of Tabernacles from Tishrei 15–21 (Oct. 3–9).

The blessings of Tishrei are as follows:


1. Tishrei is the month of Ephraim, the second son of Joseph. Be fruitful and multiply. See Genesis 49:22, which reads, “Joseph is a fruitful bough … his branches run over the wall.” Also see Genesis 49:26, which states, “The blessings of your father have excelled the blessings of my ancestors.” Be sure to have a mindset of receiving blessings. God is blessing you!


2. The seventh month. The “dearest” of months—because all sevens are dear to God, creating the most “satiated” or “full” month. (We have worked through two “threes” and are now at a new beginning). Think, “fullness of God.” Think of His overflowing abundance and goodness. God wants us to expect blessing and fullness from Him.


3. The month where divine providence creates a “beginning.” This is the beginning of the Hebrew year 5781. We must have expectation of new doors, new assignments, and a new intensity. Also expect the new anointing necessary to move ahead into the new things God opens up.


4. The beginning of six months of “reflected light.” This changes our environment, the way we process time, the way we work, the way crops grow, and the way we harvest. Think of yourself as one who reflects the glory of the Lord all around you. See Isaiah 60:1–9, John 8:12 [1], and John 9:5 [2]. Think of God reflecting His glory on you.


5. Month of the Hebrew letter lamed [ל], which signifies the aspiration to return to your absolute source. God is our source. We need to pray, “Lord, let us be sure that we flow in what you are doing.” Without this “regrouping,” it is too easy to get distracted doing our own thing or doing what seems right in our own eyes, instead of doing only that which He initiates.

In fact, in this year of COVID, you could say God has been arranging things so that we have no other choice but to get back to our source. He is removing unnecessary things in our lives so we focus only on Him.


6. The month of return. We need to declare things that have been scattered will come back. (The devil wants to scatter and dissipate; the Lord wants to gather and strengthen.)


7. Month of Libra (the scales). The deeds of man are weighed, and judgment is released. Note that the Day of Atonement, the tenth day of Tishrei (Sept. 28), is considered a day of judgment, and God does release judgments on the world.


8. Month of “touch.” Think of the woman who pressed through and touched Jesus’s garments (see Luke 8:40–48). This is the time to feel the presence of God. Touch Him and let Him release virtue on you. Note also that the Feast of Tabernacles occurs during this month (Oct. 3–9). God wants us to live in His presence. Have a new expectation to receive and experience the Lord’s touch.


9. Month of the gallbladder. Think of spiritual awakening, and be sure to remove that which would keep you from returning or entering into the fullness God has for you.


10. Purge yourself of bitterness. At the head of the year—this month—you must purge yourself of bitterness. At the beginning of the year (the first month), we had to watch out for bitterness. Now in the seventh month, go a step further and make sure you are purged of all bitterness—against people, against yourself, and against the Lord (see Hebrews 12:15 [3]).


11. A month of well-balanced control. Some things are coming to completion; others are just beginning.


12. This month is also linked with Joseph, which refers to a double portion. See Genesis 49:22–26. Joseph had two sons, Ephraim and Manasseh, who became two of the twelve tribes of Israel. Rejoice because God has a double portion for you!


(This material comes from my 2006 notes taken from a series of lectures [on CD] given by Chuck Pierce [Glory of Zion]. I highly recommend his website for more materials and more in-depth explanations. —Ron Sawka)


References

[1] “Then Jesus spoke to them again, saying, ‘I am the light of the world. He who follows Me shall not walk in darkness, but have the light of life’” (John 8:12).

[2] “As long as I am in the world, I am the light of the world” (John 9:5).

[3] “See to it that no one comes short of the grace of God, that no one be like a bitter root springing up and causing trouble, and through it many become defiled” (Heb. 12:15, NET).


ヘブルの月の祝福:聖書暦5781年ティシュレの月

2020年9月19日〜10月18日



ティシュレの月:新しい始まり


第7月目であるティシュレはロシュハデシュ(月の始め)ではなくロシュハシャナ(年の始め)として知られています。新しい年5781年の始まりです。今月は3つの祭りがあります。ラッパの日ティシュレ第1日(9月19日)、大贖罪日ティシュレ第10日(9月28日)仮庵の祭りティシュレ第15日〜21日(10月3〜9日)。



ティシュレの月の祝福:


1)ティシュレはヨセフの2番目の息子のエフライム族の月です。実り豊かな者となり、増加しましょう。創世記49:22を見ましょう。「ヨセフは実を結ぶ若枝、…その枝は垣を超える。」また49:26も見ましょう。「あなたの父の祝福は、私の親たちの祝福に勝り」


2)7月目です。最も「愛しい」月です。なぜなら神には7は全て愛しいものだからです。このことは、今月を最も「満足な」、または「完全な」月とします。(「3」を2度通って、今は新しい始まりに置かれています)「神の充実さ」を考えましょう。神の溢れる豊かさと良さを考えましょう。


3)神の摂理が「始まり」を作り出す月です。今月はヘブル暦の始まりです。今年5780年は新しい10年間が始まります。新しい扉、新しい任務、新しい迫力を期待するべきです。神が開いてくださる新しい事柄のうちに前進していくための新しい油注ぎがあることを期待しましょう。


4)6ヶ月間の「反映する光」の期間の始まり。このことは、私たちの環境、時間のプロセスの仕方、働き方、作物の育ち方、収穫の仕方を変えます。自分を、周りに主の栄光を反映させる存在として考えましょう。イザヤ60:1-9, ヨハネ8:12、ヨハネ9:5を見ましょう。神がご自身の栄光をあなたに反映させてくださると考えましょう。


5)ヘブル文字のlamed [ל]の月で、私たちの究極の源に戻る願いを意味します。神が私たちの源です。私たちは「主よ、私たちがあなたが行っていることの流れの中を動いていくことができるようにしてください。」この「再編成」なくしては、容易に自分のことで気を取られてしまいます。 または、神が始められることを行う代わりに、自分たちの目に正しく見えることをしてしまいます。

6)リターンの月です。散らされていた物が戻ってくることを宣言する必要があります。(悪魔は散らし、消したいのです。主は集め、強めたいのです。)


7)空に天秤座が見られる月です。人の行いが測られ、裁きが下されます。ティシュレの第10日目である「大贖罪の日」(10月9日)は、裁きの日とされています。今月中、私たちは他の月以上に司法制度に注目します。


8)「タッチ」の月です。群衆をかき分けてイエスの衣に触った女性を考えてください。今は、神の臨在を感じる時です。神に触れ、徳を解き放っていただきましょう。(ルカ8:40-48)仮庵の祭りもこの月にあります。神は、私たちがご自身の臨在の中に住むことを願っておられます。 主の臨在を受けて体験することに対する期待感を新たにしましょう。


9)胆嚢の月です。これは、覚醒と関係しています。霊的な覚醒です。神が用意している完全さに戻る、または入っていくことを妨げる物は何でも取り除きましょう。


10)苦々しさに注意しましょう。年の初めに、苦々しさから自分を清めましょう。第1月目にも苦々しさを取り除くことをしましたが、この第7月目にも、さらに一歩進んで全ての苦々しさを取り除きましょう。人々に対するもの、自分自身に対するもの、そして主に対するものも全てです。(ヘブル12:15)


11)バランスが良い支配の月です。ある事柄は完成します。他の事柄は始まります。


12)今月はヨセフと関係しています。2倍の受け前を意味します。創世記49:22-26を見ましょう。ヨセフには二人の息子エフライムとマナセがいました。彼らからイスラエルの2つの部族ができました。神があなたに2倍の受け前を用意しておられる事を喜びましょう!


(この教材はグローリー・オブ・ザイオンのチャック・ピアス師による一連のCD講義からとった私自身のメモに基づいています。更に深く詳しい説明のためにグローリー・オブ・ザイオンのウェブサイトをお勧めします。―ロナルド・サーカ)


猶太曆提斯利月的祝福


提斯利月---猶太曆5781年第七個月

2020年9月19日~10月18日


新的開始

猶太曆第七個月提斯利月的第一天不被稱為月朔Rosh Chodesh (月首),而是新年Rosh Hashanah (歲首)。這是猶太曆5781年的開始。這個月有三個節期:吹角節是提斯利月1日(9月19日);贖罪日是提斯利月10日(9月28日);住棚節是提斯利月15日~21日(10月3-9日)。


提斯利月的祝福如下:

1. 提斯利月是以法蓮月的月份,他是約瑟的第二個兒子,要多結果子和倍增,見創世紀49:22「約瑟是多結果子的樹枝,在泉旁…;他的枝條探出牆外」,創世紀49:26「你父親所祝的福,勝過我祖先所祝的福…」。要確實擁有領受祝福的心態,神正在祝福你!


2. 第七個月是“最珍貴的”月份,因為所有的7對神都是珍貴的,創造出最“滿足”或“豐盛”的月份(我們已經過了兩個3月,現在是一個新開始)。要思想神的豐盛,默想祂的豐盛和良善。神渴望我們要期待祂的祝福和豐盛。


3. 這個月屬天的供應開創一個“起頭”。現在是猶太曆5781的年首,我們必須期待新的門、新的任務和新的熱情,同時要期待新的恩膏,以進入神展開的新事物。


4. 開始六個月的「反射光」,這改變我們的環境、我們處理時間的方式、工作的方式、農作物的成長和我們收成的方式。要想像你是反映主的榮耀給你周圍的人,見以賽亞書60:1-9,約翰福音8:12;9:5;思想神的榮光照耀你。


5. 希伯來字母lamed [ל]的月份,象徵你渴望回到真正的源頭,上帝是我們的源頭。我們需要禱告說:「主啊,讓我們確實回到祢要做的事裡!」沒有這個“重新調整”,我們很容易分心去做自己的事,或自以為對的事,而不是單單做神要做的事。

事實上,在今年的新冠肺炎疫情當中,你可以說神重新安排了事物,以至於我們別無選擇,只能夠回到我們的源頭。神正在挪去我們生命中不必要的事物,使我們單單專注於祂。


6. 歸回的月份。我們需要宣告那些被分散的將要歸回(魔鬼想要分散和削弱我們,但神要招聚和強化)。


7. 天秤的月份。人的行為被衡量並發佈審判的月份。要知道“贖罪日”在提斯利月的第十天(9月28日),被認為是審判的日子,神要在全地施行審判。


8. 觸摸的月份。思想那位通過重重人群,觸摸耶穌衣裳的婦人(路8:40-48);這是感受神同在的時刻,要觸摸祂,讓神在你身上釋放祂的美德;同時要知道住棚節就在這個月(10月3-9日),神要我們住在祂的同在裡,要對領受和經歷主的觸摸懷抱新的期待。


9. 膽囊的月份。要思想屬靈的覺醒,確實的除去一切讓你無法回轉或進入神豐盛的攔阻。


10. 要除去苦毒。在一年之始,你必須清除自己的苦毒;在一年之始(民曆第一個月)我們必須小心苦毒。現在是猶太曆聖曆的第七個月,更要確定除去所有的苦毒---對別人、你自己和對主的苦毒(來12:15)。


11. 良好平衡的月份。一些事情正在完成,其他的則只是開端。


12. 這個月與約瑟有關,指的是雙倍的祝福,見創世紀49:22-26,從約瑟生的兩個兒子,以法蓮和瑪拿西成為以色列12支派中的兩個支派。要喜樂,因為神要給你雙倍的祝福!


(這是從2006年Glory of Zion恰克皮爾斯的CD講座節錄,我極力推薦你們上他的網站,擷取更多資料和更完整的解釋---榮撒卡。)




79回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示