top of page

アヴ:ヘブルの月の祝福

アヴ:ヘブルの月の祝福

2023年7月19日~8月17日

聖書暦5783年


1)今月は獅子座の月です。獅子の吠える月です。「主はシオンから叫び、エルサレムから声を出される。(ヨエル3:16)」。私たちはまだ「ひどい苦境」(タンムズ17-アヴ9日[7月6日-7月27日])の中にいますが、ますます明るく輝かなければなりません。ユダの獅子が叫んでいる(吠えている)ことに注目してください。それは支配宣言、さらには敵を攻撃し征服することを表しています。パウロは、こうしたすべての苦難の中で、私たちは「圧倒的な勝利者」(ローマ8:37)であると言い、ダニエルは、終わりが近づくにつれて私たちが輝くと預言しました(ダニエル12:3参照)。主が叫んでおられるなら、私たちも叫ぶべきなのです。その叫び、すなわち勝利の雄叫びをあなたの内に轟かせよう。


2) シメオンの月です。シメオンとは、「聞く、気遣う」という意味があります。自分が前進し続けることができると知ってください。シメオンは、不安定であったルベン(先月)のように、失敗してしまいました。彼は「暴虐の道具」と呼ばれました。(創世記49:5) シメオン自身にも、不安定さがありました。それは、シメオンを産むことによって、夫の愛を得ることができるかもしれないと願った母親のレアから受け継いだものかもしれません。 (創世記29:31–33参照)  私たちは、神が備えてくださっておられるすばらしい相続物に接ぎ合わされています。しかし、血統中に不安定さがある(シメオンのように―そして私たちのほとんどがそうですが)なら、霊的に自分を鍛えなければなりません。悪霊が、自分たちに同意させようとするからです。ですから、1)叫び、2)神が何かしてくださるたびに証しし続け、3)私たちが神と契約していることを思い起こし続けなさい。


3) 耳にしたことに基づいて決断を下す月です。決断を下さなければなりません。「神が語られたことを聞くだけの者で終わるのでしょうか?行う者であることができるでしょうか?」あなたの中に「獅子を立ち上がらせなさい」と言っているのです。戦士及び征服者の油注ぎを呼び起こすことによって、そうしてください。思い巡らす最良の方法のひとつは、神が言われたことを宣言することです。あなたは戦士であり、すべてのことに打ち勝つ者であると宣言し続けましょう。神があなたにしてくださっている素晴らしいことを宣言し、証し続けることが大切です。



4) アヴは「低いポイント」の月と呼ばれます。歴史的に見て、アブの月第9日には、イスラエルにとって良くない事が何度か起こっています。例えば次のような事柄です:①アヴ第9日(7月27日)にイスラエルの民は嘆いて約束の地に入らないと決意しました。②紀元前423年に第一神殿がバビロンによって破壊されました。③第二神殿が紀元後69年にローマ帝国によって破壊されました。④1290年のこの日にユダヤ人がイギリスから追放されました。⑤1492年にはこの同じアヴ第9日にユダヤ人がスペインから追放されました。⑥ホロコーストも関連しています。第二次世界大戦につながる段階や状況が第一次世界大戦によって始動しました。その始まりは、1914年のアヴ第9日にドイツがロシアに宣戦布告したことにありました。


重要なのは、恐れることではなく、神との契約を放棄し、神の約束を信じようとしないときに起こりうる災いを自覚することです。これは、ペテロ第一の手紙5章8節に書かれている「身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。 」という言葉の最も近い意味を表していると思います。言い換えれば、私たちは恐れるのではなく、私たちの希望は常に神と神が私たちと結ばれた契約にあるということを冷静に理解しなければならないということです。


5) アヴはアヴ第15日(8月2日)のゆえに”高いポイント”の月でもあります。この日にイスラエルの民の先の世代の最後の者たちが荒野で死にました。このことで、イスラエルは再び約束の地に入る者とされました。元気を出しなさい。神はいつも私たちを回復させ、もう一度チャンスを与えてくださるのです。


6) ヘブル文字「テット (ט)」の月です。この文字は、子宮のような形をしています。タンムズとアヴの間の苦難は、産みの苦しみのようなものだと理解する必要があります。それらはただ耐えるものではなく、神が何かを生み出そうとしていることを知るのです。苦難は、より多くの祝福のための準備なのです。パウロは、「 今の時の軽い患難は、私たちのうちに働いて、測り知れない、重い永遠の栄光をもたらすからです。(2コリント4:17)」と書いています。


7) 再建のために、神が何かを壊す月です。荒野の40年間は、不信と不信仰という古い間違った土台を破壊したものと見ることができます。私たちが輝き、宣言してきたのですから、古い障害が破壊され、神が私たちに用意されたものに向かって突き進むことができると信じることができるのです。


8) 地が収縮し始める月です。地震に注意を払いましょう。妊娠の奥義が地上にもたらされ始める月。地震について聞く時、神が何かを生み出そうとしておられるのだということを理解しましょう。


9) 「咎がある」ことも意味する月です。しかし、それを持ち続ける必要はありません。 あなたは、良い方向に変わる必要があります。さもなければ、次第にバラバラに崩壊してしまうでしょう。次のように祈りましょう。「主よ、私の咎を示してください。引き抜くことができるようにです。」賛美と礼拝で輝くことを選び、自分が主の戦士であることを宣言することは、不義なパターンを根絶するために大いに役立つことでしょう。


10) パートナーシップと繋がりによって、御国が前進する月です。あなたに与えられているパートナーシップについて理解しましょう。もし私たちがより多くの賛美と礼拝で応答し、忠実に宣言してきたなら、主は前進のための新しいつながりを生んでくださると期待できます。そのつながりを今求めなさい。


11) 左の腎臓の月です。新しいレベルの識別力を身につけましょう。そうでなければ、神からの忠告やアドバイスに、無意識に反対してしまうかもしれません。詩篇32篇を心に留めてください。主は支配しておられます。(私たちの腎臓をも)聖霊の導きに抗うことがないようにしましょう。主が語られたこと、示されたことを思い巡らしましょう。その時に、神の知恵が増し加えられ、見分ける力が更に鋭くなります。


これは、2006年のチャック・ピアス師(グローリー・オブ・ザイオン)による一連の講義からまとめたものです。更に深い説明に興味のある方は、グローリー・オブ・ザイオンのサイトをご覧ください。―ロナルド・サーカ



最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page