シヴァンの月の祝福

シヴァンの月の祝福

シヴァン:ヘブル年5781年の第3月

2021年5月12日〜6月10日


契約の祝福の月:時折「ビジネスの月」と呼ばれます。


使徒の働きの2章で、神は人々に聖霊を注ぎました。 神は全ての面(霊的、身体的、精神的、関係、経済的)で人々を祝福したいことは確かなことです。これは神が人々と交わした契約で決定していることです。この契約はアブラハムから始まりました。神はシナイ山でイスラエルの民と契約を結びました(出エジプト記19〜20章)。そして死と蘇りによって、イエスはさらに優れた契約を与えてくださいました(ヘブル7章22節)。


イヤルの月は全てのことにおいて(考え方、思い、感情、など)神に調和することについてでした。どんな問題や試練があっても、”主よ、あなたはいつも私のために難事を切り抜きました。更なる奇跡を期待しています。”という考えを持つべきです。


1)ゼブルン族の月です。”ビジネスの月”です。また、ペンテコステ(5月17〜18日)の月です。神は私たちに繁栄について学んで欲しいのです。創世記49章13節は「ゼブルンは海辺に住み、そこは船の着く岸辺。その背中はシドンにまで至る。」と書いています。申命記33章19節は「彼らは民を山に招き、そこで義のいけにえをささげよう。彼らが海の富と、砂に隠されている宝とを、吸い取るからである。」と言っています。神が私に繁栄を与えたくないと思っている考えを撃ち壊す必要があります。また、私たちは、自分がお金を稼ぐ、または自分の労力で生活を支えるのだという考え方に打ち勝つ必要があります。確かに、仕事は私たちのミニストリーの一部です。”顔に汗を流して糧を得る”(創世記3:19)のは、アダムの堕落の結果です。しかし、神が私たちに富を築き上げる力を与えてくださるのだということを、神は私たちに知って欲しいのです。(申命記8:18)


2)捧げる月、あなたの捧げるプロセスを見直す月です。レビ記23章16節は「七回目の安息日の翌日まで五十日を数え、あなたがたは新しい穀物のささげ物を主にささげなければならない。」と言っています。捧げ物はお金、時間、奉仕などがあります。ペンテコステの季節の間、どういう風に捧げるべか聖霊に問いかけてください。

3)新しい境界線や新しい畑を得る月です。神は新しいミニストリーや使命を解き放っています。そのために、無数の御使が私たちを助けるために解き放たれています(ヘブル12章22節)。


4)憐れみ深くある月です。ヨハネの福音書8章では、パリサイ人は姦淫の場で捕らえられた女を石打ちにしようとしましたが、イエスは彼女を許されました。憐れみを持って行動できるように注意してください。


5)正しい配列の月です。(モーセ、ミリアム、アロン)今月中、礼拝と音に注目してください。配列は先月から始まりました。(第1と第3の月をコネクトしました)私たちはペンテコステまでのカウントダウンをすることで主と一致しました。今度は、私たちの人間関係における配列を調整していただくときです。


6)安息日が鍵となる月です。ペンテコステ(5月17〜18日)は五旬節と呼ばれます。初穂の祝いとイエスの復活から7週間後(50日)だからです。”7”という数字は、完了/完成を表す数字です。ペンテコステでは、神は新しい供給、新しい啓示、新しい力を与えます。このことが完了/完成することが必要です。


7)ヘブル文字zayinの月です。物事を完成させる恵みを受け取ることです。神が私/私たちに与えた使命は人々を預言や癒し、奇跡を起こすためにアクティベートすることです。このことを成し遂げるための偉大な恵みと憐れみを感謝します。


8)Zayinは「剣」と「栄養」という意味があります。御言葉は霊の剣でもあり、命のパンでもあります。もう少しでオメルを数え終わります。50日間、下記に集中しました。「神の口から出る一つ一つのことばによる」(マタイの福音書4章4節)よって、私たちは御言葉が私たちを勝利に導く剣である事を見るでしょう。


9)“透明”の月です。私たちはさらに明確に見ていきます。天の窓があなたの上にあることを宣言しましょう。ニサンの月(第1の月)は”天の窓”の月でした。イッヤル(第2の月)は”コネクト”したので、これから私たちは見ていくのです。あなたがさらによく見えるようになることを期待してください。そして、主が奥義を知らせてくださることを期待しましょう。


10)ふたご座の月です。(または、二つの板)モーセの失敗のゆえに、律法は二度与えられました。私たちが失敗しても、神が憐れみをもって再び来てくださるということは幸いです。


11)”結婚の月”です。雅歌6章3節を読みましょう。神はシナイ山で律法を与えた理由は契約を結ぶためです。結婚と同じように、神と一つになります。私たちのものが全て神のとなり、神のものは私たちのものとなります。


12)ヤコブかエサウの月ー良い方か悪い方へ傾くかどちらです。神からの相続物の他に、悪も存在するということを忘れてはなりません。あなた自身が選ぶのです。神の相続物を選べるようにしましょう。


13)”結果”よりも”原因”を重視する月です。”原因”を作り出す者となりましょう。”結果”は後から付いてきます。種まきのようなものです。


14)間違った道を選ばずに、神の道を歩み続ける月です。必要な時は、自分の感情に逆らってでも選びましょう。天使たちを退けてしまうことがないようにです。「ゼブルンについて言った。『ゼブルンよ。喜べ。あなたは外に出て行って。イッサカルよ。あなたは天幕の中にいて。彼らは民を山に招き、そこで義のいけにえをささげよう。彼らが海の富と、砂に隠されている宝とを、吸い取るからである。』」(申命記33章18〜19)


15)次の力のレベルへと移行する月です。


16)”左足”の月です。口で語ることを自分の歩みに合わせる月。箴言10章9節は「まっすぐに歩む者の歩みは安全である。しかし自分の道を曲げる者は思い知らされる。」と言っています。口で宣言することは、歩み方と一致しなければいけません。そのように歩まなければ、宣言しても助けとはなりません。


西洋的な考え方で思いが散漫にならないようにしましょう。神は月々を通してー個別にではなくー働いておられます。それぞれの月を次の月へと結びつけておられるのです。知恵を得て、前進してください。このようにして、前月の祝福を無駄にせず持ち続けていくことができます。神の力は物事を素早く回復させます。神のタイミングに入ることで、回復と加速の内へと入り、実際にそれらを目にしていくことができるようになります。あなたは無駄にしてしまったことがあるかもしれませんが、同じように素早く回復が2倍、4倍、7倍に倍増します。失敗を犯してしまった人たちを諦めないでいましょう。神には建て直すことができます。彼らは、52日間で城壁を再建しました。


484回の閲覧

最新記事

すべて表示