2021/12/1 喜びの油は、献身から生まれる!

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2021年12月1日 

聖書暦5782年キスレブの月27日

www.rwsministries.com



「愚かな娘たちは、ともしびは持っていたが、油を用意しておかなかった。賢い娘たちは、ともしびといっしょに、入れ物に油を入れて持っていた。」(マタイの福音書25章3〜4節)


「あなたは義を愛し、不正を憎まれます。それゆえ、神よ。あなたの神は、あふれるばかりの喜びの油を、あなたとともに立つ者にまして、あなたに注ぎなさいました。」(ヘブル人への手紙1章9節)


「そのころ、エルサレムで、宮きよめの祭りがあった。時は冬であった。イエスは、宮の中で、ソロモンの廊を歩いておられた。」(ヨハネの福音書10章22〜23節)


エディターズノート

ウィークリー・アップデートは、英語、日本語、中国語、ロシア語に加えて、韓国語でもご覧いただけるようになりました。詳しくはinfo@rwsministriesまでお問い合わせください。


喜びの油は、献身から生まれる!


このアップデートを書いている今は、ハヌカーの祝い(11月29日〜12月6日)に入っています。紀元前2世紀に起きたマカベ戦争で、ユダヤ人はシリア・ギリシャの侵略者を追い出すことができました。彼らは、冒涜された神殿を清め、主に再奉納しました。これには、ランプ(メノラ)に火を灯し、それを維持することも含まれていました。より純度の高い油を作るための7日間を待たずに、手持ちの1日分の油に火をつけました。その結果、奇跡的に8日間も燃え続けたのです。このように、ハヌカーは、ヨハネ10章で言及されているように、「光の祭り」や「奉納の祭り」とも呼ばれています。


これは、神が私たち個人に対して、また、神のエクレシア全体に対して、何をしたいのかを示す素晴らしい事実を表しています。私たちが自分の人生を神に捧げるとき、神は私たちに喜びの油を注いでくださいます(ヘブル1:9参照)。


私は、マタイ25章の10人の娘のたとえについて、いつも不思議に思っていました。賢い5人は何をしたから油が余ったのか、愚かな5人は何をしなかったから油が足りなくなったのか。それは「献身」ではないでしょうか。マカベア人が神殿を取り戻したとき、当然、主に捧げ直しました。それは、主の神殿であり、主の目的のためのものだったからです。それと同じように、私たちクリスチャンは、個人としても団体としても、聖霊の神殿なのです。「あなたがたのからだは、あなたがたのうちに住まれる、神から受けた聖霊の宮であり、あなたがたは、もはや自分自身のものではないことを、知らないのですか。(1コリント6:19)」とあります。


私たちは自分のものではありません。ですから、私は自分の人生のすべてを主に捧げなければなりません。イエスは、ご自分の血で私たちを贖ってくださったのです。私たちのためにご自分の命を捧げてくださいました。つまり、私は自分のためではなく、主のために自分の人生を生きるべきなのです。私は、自己中心的、自己愛的になってはいけません。パウロが言ったように、私たちは「しもべ」です(テトス1:1)。弱音を吐いたり、不平を言ったり、つぶやいたりすることは許されません。常に「自分の権利」を主張することは許されません。私に逆らったり、侮辱したりする人に腹を立てることは許されません。私の人生は主のためのものであり、私は日々、それを決断する必要があります。


マタイ25章のたとえ話に出てくる、5人の賢い娘(主に捧げている)と5人の愚かな娘(自分のために生きている)の違いを説明しているのだと思います。私がイエスを中心とした人生を送り、自分を(自分のためではなく)主に捧げ続けるほど、聖霊が私に豊かな油を与えてくださるのです。そして、この油は喜びの油です。ヘブライ人への手紙1章9節には、「あなたは義を愛し、不正を憎まれます。それゆえ、神よ。あなたの神は、あふれるばかりの喜びの油を、あなたとともに立つ者にまして、あなたに注ぎなさいました。」とあります。


イエスが喜びの油を注がれたのは、御父が愛しているものを愛し、自己中心的なものや無法を嫌っていたからです。彼の人生は完全に主に捧げられていたので、とても力強かったのです。それは、私たち一人一人にも主が望んでいることです。大切なのは、自分の人生を完全に主に捧げることです。


あなたが主に捧げた人生を生きるとき、喜びの油で満たされますように。


お祈りをありがとう。


ロンとテディ



ピートと一緒に「午後10時から30分の賛美」に参加しよう(日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分)


賛美もまた、主に捧げる一種の献身です。定義としては、私たちはそこから得られるものがあるから賛美するのではありません。むしろ、主に敬意を表するために賛美するのです。しかし、私たちが主を第一に考えるとき、主は私たちに尽きることのない祝福を注いでくださいます。


日曜から木曜までの週5回、午後10時から10時30分まで、30分間の賛美でピートとつながり続けることができます。


ヘブル暦の祝福:テベット

ヘブル暦5782年、2021年12月5日〜2022年1月2日


成熟をするとき:冠を受け、神と共に治める。

テベットの月の祝福はこちらで確認することができます。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

使徒的センターのトレーニング(英語、中国語):火曜日 午後8時半〜10時

登録されたい方はchinese@rwsministries.comに連絡してください。

ロシアの使徒的集会(英語、ロシア語):金曜日 午後7時~8時

喜びの油(英語、中国語):12月5日(日)午後8時半〜9時半

・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分


MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!


ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。




閲覧数:137回