2021/9/1 隠れずに、出てきなさい!聖霊の力で歩むための準備

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2021年9月1日 

聖書暦5781年エルルの月24日

www.rwsministries.com



隠れずに、出てきなさい!

聖霊の力で歩むための準備


「隠れずに、出てきなさい!」:これは、4週間の夏休みを終えてMPPを再開した月曜日(8月30日)に語られた最初の預言のテーマでした。その預言は、「・・・私はあなたに会いたい、あなたを祝福したい、あなたは私にとって尊い・・・」と続きました。これは、私たちのための素晴らしい言葉であり、私たちに対する神の時にぴったり当てはまると感じています。今はヘブル暦の第6月エルル(9月6日まで)であり、それは準備の時期です。主が私たちに与えている目標の一つは、私たちが聖霊の力で準備の時を乗り越えることです。「イエスは御霊の力を帯びて・・・」(ルカ4:14)。神は、イエスが聖霊に満たされて力強く奉仕を始められたように、神のエクレシアにも同じことを望んでいて、今がその時であるという期待を、私たちが持つことを望んでいます。


私たちはどのようにしてこの力の中を歩むことができるのでしょうか。それは、主との親しい交わりの中で、主を「知る」ことから生まれます。主は毎日私たちと共に歩み、主の臨在を知ってほしいと願っています。主がエデンの園でアダムとエバにしたことと同じです。毎日、彼らの生活のあらゆる面について一緒に歩み、話しました。


ダビデはこのことをよく理解し、詩篇27篇で説明をしました。主は私たちの光であり、私たちの救いであると書いています。どんな敵がいても、その敵がどれだけ大きくて数が多くても、ダビデは恐れたり、自信を無くすことはありませんでした。「・・・主は、私のいのちのとりで。だれを私はこわがろう。悪を行う者が私の肉を食らおうと、私に襲いかかったとき、私の仇、私の敵、彼らはつまずき、倒れた。たとい、私に向かって陣営が張られても、私の心は恐れない。たとい、戦いが私に向かって起こっても、それにも、私は動じない(詩篇27篇1-3節)。」素晴らしいことです!そこでダビデはさらに続けて、自信と平安で恐れがないのは、神の臨在と交わりの中で絶えず生きる方法を知っていたからだと言います。「私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために(詩篇27篇4節)。」

これがダビデの人生の原動力でした。彼は、神と親密に歩み、神の臨在の中で生きようとしました。それは私たちの人生の原動力でもあるべきです。 新約聖書の中でパウロは、ダビデと同じことを言いました。「私は、キリストとその復活の力を知り、またキリストの苦しみにあずかることも知って・・・(ピリピ3章10節)。」つまり、主(イエス)を知ることです。そして、主を知れば知るほど、主の力強い復活の力と奇跡を知り、経験することができるのです。パウロの手によってたくさんの奇跡が起こりました。それが主を知り、主の臨在に宿ることにつながっていることを知っていました。パウロが主を知れば知るほど、パウロの人生を通して奇跡や主の力の業が多く起こりました。

何もあなたを引き止めさせないようにしてください

上記と同じMPPの配信で、主は一つの非常に重要な真理を強調されました。私たちは、自分には価値がないと感じたり、まだ準備ができていないと感じたり、失敗したと感じたりして、遠慮したり、隠れる傾向があります。しかし、神が私たちを見るときには、私たちの不完全さや欠点を見ません。私たちを尊い存在として見てくださいます。それどころか、完璧な存在として見てくださっているのです。どうしてでしょうか。

私たちの多くは、自分が非常に人間的であり、残念ながら完璧とは程遠い存在であることをすぐに認めると思います。パウロはそのことを理解し、自分の価値や完璧さの問題ではないことを説明しています。「・・・それは、私には、キリストを得、また、キリストの中にある者と認められ、律法による自分の義ではなくて、キリストを信じる信仰による義、すなわち、信仰に基づいて、神から与えられる義を持つことができる、という望みがあるからです(ピリピ3:8-9)。」 彼は、主に近づく限り、今の言葉で言えば、隠れずに熱心にイエスを信頼する限り、主の力が自分の中に働くことを知っていました。 パウロは、失敗して落胆したり、神から「隠れよう」とすると、自分の人生に良いことが起こらないことを知っていました。しかし、もし彼が神に近づくなら、神の力が彼の中で働くことになります。パウロは、自分が成長し続け、変化し続けることを知っていました。私たちにも同じことが言えます。

確かに、私たちは不完全な人間であり、失敗することもあります。そのために身を縮めたり、隠れたりすることもあります。私たちは、ダビデのように、パウロのようにならなければなりません。「私は、すでに得たのでもなく、すでに完全にされているのでもありません。ただ捕らえようとして、追求しているのです。そして、それを得るようにとキリスト・イエスが私を捕らえてくださったのです(ピリピ3:12)。」ここで重要なのは、不完全だからといって躊躇したり、つまずいたりするのではなく、前進し続けることです。

もし失敗したら、どうすればいいのでしょうか。あるいは、隠れていた場合はどうすればいいのでしょうか?すぐに主に謝り(悔い改め)、そしてそのことを忘れましょう。パウロのようにしてください。「・・・うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです(ピリピ3:13-14)。」

新しい年に向けての最後の数日間、必ず隠れずに出てきてください。主に向かって追求し続けてください。失敗したことや間違えたことも忘れてください。隠れず、遠慮しないでください。その決断をした瞬間に、主の力があなたに働きかけ、あなたを変え、あなたに変革を与えます。

ですから、この新しい年が、かつてないほどに主の霊の力で歩む年となり、主を知り、主と共に歩む年となるようにしましょう。

お祈りを感謝します。


ロン・サーカ



打ち破りと増加を求める

エルル:ヘブル暦の第6の月、2021年8月9日〜9月6日


第5の月アヴ(7月10日~8月8日)は、シオンから主が吠え、裁き、打ち破りと正義を解き放つことについての月でした。「あなたは彼らにこのすべてのことばを預言して、言え。『主は高い所から叫び(吠え)、その聖なる御住まいから声をあげられる(エレミヤ25:30)。」私たちは信仰によってその「吠え」に入り込む必要があります。アヴは主が言われていることを注意深く聞く月でもありました。

そして第6の月エルルは、打ち破り、勝利と増加の月です。「信仰によって吠える」ことと主の声を注意深く聞くことは、神が備えている打ち破りに繋がります。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

ロシアの使徒的集会(英語、ロシア語):9月3日 金曜日 午後7時~8時

中国の使徒的集会(英語、中国語):9月5日 日曜日 午後8時半~9時半

・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分


MPPはフェイスブックかYouTubeより参加いただけます。


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。




閲覧数:250回

最新記事

すべて表示