top of page

ティシュレ: ヘブルの月の祝福

ヘブルの月の祝福:聖書暦5782年ティシュレの月

2021年9月7日〜10月6日


新しい始まり


第7月目であるティシュレはロシュハデシュ(月の始め)ではなくロシュハシャナ(年の始め)として知られています。新しい年5782年の始まりです。今月は3つの祭りがあります。ラッパの日ティシュレ第1日(9月7日)、大贖罪日ティシュレ第10日(9月16日)仮庵の祭りティシュレ第15日〜21日(9月21〜26日)。


また、ヘブル暦の「80年代」という10年間は、ヘブライ語の「ペイ」という文字と結びついており、「口」や「話す」という意味を持っていることを覚えておきましょう。この年代には、神がはっきりと語りかけています。5781年が父なる神の声であったとすれば、5782年はイエスの声とメッセージ、そしてイエスの救いがはっきりと聞こえてくるということです。主はあなたに、あなたを通して語りかけたいと思っていることを知ってください。ティシュレの月を理解があなたの思いに浸透するようにしてください。


1)ティシュレはヨセフの2番目の息子のエフライム族の月です。実り豊かな者となり、増加しましょう。創世記49:22を見ましょう。「ヨセフは実を結ぶ若枝、…その枝は垣を超える。」また創世記49:26も見ましょう。「あなたの父の祝福は、私の親たちの祝福に勝り」。祝福を受け、それを語るという意識を持つようにしましょう。


2)7月目です。最も「愛しい」月です。なぜなら神には7は全て愛しいものだからです。このことは、今月を最も「満足な」、または「完全な」月とします。(「3」を2度通って、今は新しい始まりに置かれています)「神の充実さ」を考えましょう。神は、私たちが神からの祝福と満ち足りた状態を期待することを望んでいます。繰り返しになりますが、重要なのは、主の祝福と満ち足りた状態が自分の中に溢れていることを語り、宣言することです。


3)神の摂理が「始まり」を作り出す月です。今月はヘブル暦5782年の始まりです。神が語られ、約束されたことは、それらのものが生まれ、成長するための場所を作っています。ですから、新しい扉や任務、そして新しい強さを期待してください。神が開いてくださる新しい事柄のうちに前進していくための新しい油注ぎがあることを期待しましょう。