top of page

手を上げるとき、私たちは神の御座に触れるのです(2022/12/7)

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2022年12月7日 

聖書暦5783年キスレブの月13日

www.rwsministries.com




「ですから、私は願うのです。男は、怒ったり言い争ったりすることなく、どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい。」(第一テモテ2章8節)


「それゆえ私は生きているかぎり、あなたをほめたたえ、あなたの御名により、両手を上げて祈ります。」(詩篇63編4節)


「そこで主はモーセに仰せられた。『あなたの手を天に向けて差し伸ばせ。・・・』」(出エジプト記9章22節)


「モーセは祭壇を築き、それをアドナイ・ニシと呼び、「それは『主の御座の上の手』のことで、主は代々にわたってアマレクと戦われる」と言った。」(出エジプト記17章15〜16節)



手を上げるとき、私たちは神の御座に触れるのです


私たち(神のエクレシア)が終末の収穫期に入ったことを実感するもう一つの理由は、主が私たちの霊的武器をどんどんアップグレードしてくださっているからです。あまり理解されていない武器の一つに、手を上げるというものがあります。


先日の礼拝で、私は両手を上げていたのですが、主がその意味を理解しているかどうか尋ねているように感じました。私も聖霊のバプテスマを受けた後、皆さんと同じように礼拝で手を上げることを学びました。初めは、自意識を打ち破るのはとても難しかったのですが、一度それを経験すると、手を上げて賛美することが礼拝の重要な一部であることに気づきました。そして、それが大好きになりました。長年やっていますが、武器として意識することはありませんでした。


このことについて思いを巡らせているうちに、モーセとファラオについての聖句に導かれました。ファラオが民を自由にすることを拒んだとき、神はモーセに両手を天に伸ばすように命じました。すると、神は雹を降らせて、ファラオを裁かれたのです。モーセは他にも何度かこのようなことをしました。私たちが主に向かって手を上げるとき、主は私たちを捕らえようとする敵に裁きを放たれるのです。私たちが手を上げることは、私たちや他の人々、そして私たちの領域を自由にするための武器になるのです。

そこで私は、第一テモテ2章8節にある「ですから、私は願うのです。男は、怒ったり言い争ったりすることなく、どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい。」を見て、新しい見方で理解しました。祈りであれ、賛美であれ、手を上げるという決断をするとき、私たちは強い宣言をしているのだということを理解し始めたのです。私たちは怒りのような個人的感情に支配されないと宣言しているのです。また、不信仰や疑いにも支配されませんと宣言しているのです。私たちは、それらを打ち砕くことを宣言し、主が聞き入れ、答えてくださることを十分に期待しながら、純粋な心で主に願い求めます。


また、出エジプト記17章で、ヨシュアが軍隊を率いて戦っている間、モーセが両手を上げている話について調べてみました。モーセの手が上がっているときはヨシュアが勝っていました。しかし、手が下がってくると、アマレク人が優勢になり始めました。アロンとフルはモーセが両手を上げるのを助け、大勝利を収めました。


この箇所は次のように完結します。"モーセは祭壇を築き、その名を「モーセは祭壇を築き、それをアドナイ・ニシと呼び、「それは『主の御座の上の手』のことで、主は代々にわたってアマレクと戦われる」と言った。」(出エジプト記17章15〜16節)この最後の部分は、本当に驚きです。私たちが祈りや賛美のために手を上げるとき、それは神の御座に手を置いて、神の祝福、力、権威に触れているようなものなのです。神は私たちがこのようにすることを心から望んでいます。私たちが神の御座に触れ、私たちに祝福を、敵に裁きを与えることを願っているのです。 主に向かって手を上げるのが難しいことがあるのも不思議ではありません。悪魔がそれに反対するのは、それが神の御座に自分を一致させることと同じであり、その結果、私たちが神の望む勝利を手に入れることを知っているからです。


ですから、もう一つの霊的な武器である両手を上げることについて、もっと理解できるようになったことを主に感謝します。手を上げると、主が誉められ、高くされます。さらに、私たちは神の御座に触れ、祝福と勝利を受けることができるのです。


お祈りをありがとう。

ロンとテディ


配列を正しくして前進する:第9の月キスレブ


2022年11月25日〜12月24日

主は私たちが前進し続けることを望んでいます。私たちは、以前に学んだことを土台に、配列を正しくし、成長し続けることによって、これを実現させます。神は、私たちが戦いの戦略を発展させることを望んでいます。私たちは、主が与えてくださった預言に頼るだけでなく、預言的な戦いの油注ぎを用いることができます。



ミニストリースケジュール

・12月4-9日:韓国(ワグナーリーダシップ学校)

・12月13-18日:パキスタン(仮)ビザが承認待ちです。数日のうちに承認がなければ、行くことができません。お祈りください。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka


・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分



MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます:https://amazon.com/author/ronaldsawka.



英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2022使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族: