top of page

2022/6/1 主の前で願いを掲げ続ける

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2022年6月1日 

聖書暦5782年シヴァンの月2日

www.rwsministries.com

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」(第一テサロニケ5章16〜18節)


「善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。」(ガラテヤ人への手紙6章9節)


「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢になり、手を降ろしているときは、アマレクが優勢になった。」(出エジプト記17章11節)


「五旬節の日になって、みなが一つの所に集まっていた。すると突然、天から、激しい風が吹いて来るゆな響きが起こり、彼らのいた家全体に響き渡った。」(使徒の働き2章1〜2節)


新しい油注ぎを必ず受けよ:ペンテコステ(6月4日~5日)


主が天地を「揺さぶり」(ヨエル3:16)始めてから3年目に突入しました。これには3つの効果があります。第1に、悪魔の支配と力が揺さぶられ、人類に対する支配力を失いつつあります。第2に、この不安定さと混乱から、人類全体が「神なんていないんだろう」という古い思い込みに疑問を持つようになります。「もし神がいないなら、私たちは困ったことになる。神よ、私たちはあなたを必要としているのです。」と言い始めるでしょう。つまり、収穫されるのに準備をしている人が増えているのです。第3は、クリスチャン、つまりイエスを信じる者たちです。揺さぶられることで、私たちは完全に、無条件で主に立ち返ることができます。そうすることで恐れや心配がなくなり、人生に不必要なものを捨てることができます。


その中で、神は私たちに新しい油注ぎの準備し、過越際の直前(4月15日)から、それを注ぎ始めているのだと思います(少なくとも私の個人的な経験ではそうです)。主は私たちがあらゆる面で繁栄することを望んでおられ、今まさに始まろうとしている大収穫に私たちを用いてくださることもその一つです。このペンテコステで、新しい油注ぎに大きな期待を持つようにと、主は願っておられるのだと思います。ぜひ、オンラインでご参加ください。



新しい油注ぎを受ける:ペンテコステオンライン集会

・6月5日(日)午前11-12時(日本時間)英語、日本語




主の前で願いを掲げ続ける


この前のヘブルの月イヤルのテーマの一つは癒しでした。そのため、希望される方には、身体の癒しのために祈ることを申し上げるべきだと思い、そのようにお知らせしました。すると、多くの方が応えてくださいました。多くの方に癒しの祈りと奉仕ができたことを嬉しく思います。


今日、私はこの興味深いテーマである癒しについて、さらに考えていました。癒しが聖書的であることは知っています。主は癒し主であり、私たちが主から癒しを受け、他の人に与えることを望んでおられることも知っています。身体的に癒された人の多くは、非常に大きな影響を受け、人生が完全に好転することが多いことも知っています。


同時に、謎や説明の難しいことがたくさんあることも、私たちは知っています。癒しの祈りやミニストリーをしても、ほとんど効果がないことが多いようです。癒しのために祈ることは正しかった、動機も正しかった、しかし、その結果は出ていないようです。どう考えればいいのでしょうか。どうしたらいいのでしょうか。


その答えは2つあると思います。まず、イエスがラザロの墓の前に立っておられたときと全く同じ態度をとることです。「父よ。わたしの願いを聞いてくださったことを感謝いたします。わたしは、あなたがいつもわたしの願いを聞いてくださることを知っておりました。(ヨハネ11:41-42)。」とイエスは言いました。私たちがどのように考えようとも、神はいつも聞いていてくださるのです。


第二は、その願いを主の前に掲げるということです。祈りは「一瞬」のことや、祈り終えたら祈りのすべてが終わったと考えないように注意しましょう。そうではなく、私たちは信仰によって、祈りを通してその願いを天の父の前に持ってきたのであり、信仰によって、その願いを主の前に留めておくことです。私たちが信仰によって祈り、神の御座に願いを持っていったように、今度は私たちが信仰によってそれをそこに留めておかなければならないのです。


ヨシュアがアマレク人と戦っている間、モーセが祈り続けた話は、このことを物語っています。モーセが手を上げているのは、主の前に問題を掲げている姿です。モーセの手が上がっている限り、ヨシュアは勝ちました。モーセの手が下がると、敵が優勢になりました。モーセはこのことに気づき、アロンとフルはモーセの腕を支えながら石の上に座らせた。モーセは実際に休んでいたのです。しかし、戦いの間中、その上げた手は完全な勝利をもたらしたのです。


パウロが「絶え間なく祈りなさい」と言ったのは、このような意味ではないでしょうか。 私たちは真剣に、切実に祈り、お願いしてきました。今は、何度も何度もお願いすることではなく、答えが来るまでその願いを主の前に持ち続けることです。私が癒しのために祈るとき、そうしています。私は尋ねたので、答えが来るまで主の前にそれを掲げ続けます。


これは、ガラテヤ6:9の意味です。「善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになります。(ガラテヤ6:9)」 私たちが主の前に願いを掲げ続けるとき、答えは必ずやってきます。


お祈りをありがとう。


ロンとテディ



預言活性化セミナー

・2022年6月4日午前10時〜午後4時半

・会場:CTF佐野 または オンライン参加

要登録

・登録費1万円




オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分


MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



リソース


過越祭は、自由と前進と結びついています。あなたが前進するのを助けるために、私は使徒的、預言的基礎を築くシリーズの4冊のキンドル本の価格をすべて見直しました。


・ユダが最初:使徒的預言賛美の力

・預言を活性化する方法:新しい教会時代の必須経験

・使徒と使徒的油注ぎ:終末時代の信者を建て上げる

・使徒的センター:新しい時代のための皮袋


4冊とも、私のアマゾンのページ(https://amazon.com/author/ronaldsawka)で見ることができます。


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.com