top of page

2023/1/11 神は私たちを本来の姿に戻してくださるのです!

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年1月11日 

聖書暦5783年テベットの月18日



「あなたがたは第五十年目を聖別し、国中のすべての住民に解放を宣言する。これはあなたがたのヨベルの年である。あなたがたはそれぞれ自分の所有地に帰り、それぞれ自分の家族のもとに帰らなければならない。」(レビ記25章10節)


「わたしはまた、彼らにわたしの安息日を与えてわたしと彼らとの間のしるしとし、わたしが彼らを聖別する主であることを彼らが知るようにした。」(エゼキエル20章12節)



神は私たちを本来の姿に戻してくださるのです!


今年も勢いよくスタートしました。充実しています!数ヶ月前、ある人が私にこう預言してくれました。「大きな波が来ています。神はあなたを備え、サーフボードを与え、その波はあなたを多くの場所に運んでくれるでしょう。」 9月下旬のバリ島のカンファレンス以来、ヘブルの年の初めから、そして今年に入ってからも、確かにその通りです。


コロナ禍の2年半の「強制的な休息」(ほとんど移動せず、活動も縮小)は、聖書のヨベル年の休息を思い起こさせるものでした。49年目は安息年(畑仕事など禁止)、50年目はヨベル年でありました。つまり、再び収穫を迎えた時にはほぼ3年が過ぎ、これは多かれ少なかれコロナ禍の期間とその制限に相当します。このコロナ禍の2年半というヨベルのような期間から、私たちは少なくとも3つの教訓を得ることができると思います。


1)私たちの源に再びつながる:安息日の目的は、私たちが主に正しく、完全につながっていることを確認することです。主は私たちの源です。私たちの労働でも、頭脳でも、アイデアでもなく、繁栄をもたらすのは主なのです。毎週でも、7年ごとでも、50年目のヨベル年でも、休息を守ることによって、主がすべてのものの源であり、主とのつながりが強ければ強いほど、より良いことが分かるのです。私たちは皆コロナ禍を出て、これまで以上に主との結びつきを強めているはずです。主が、そして主だけが、私のすべての源なのです。


2)リフレッシュし、聖別される:安息日は、休息とリフレッシュのために神から神の民への贈り物であり、より神のために聖別されるための日でした。「わたしはまた、彼らにわたしの安息日を与えてわたしと彼らとの間のしるしとし、わたしが彼らを聖別する主であることを彼らが知るようにした(エゼキエル20:12)。」ですから、私たちが休むとき、神は私たちをリフレッシュさせ、また私たちを聖別してくださるのです。また、私たちが主の安息を守ることを選ぶとき、神は私たちの人生に深く尊いことをされます。主がアダムを深い眠りにつかせ、アダムが眠っている間に神がエバを創造されたことを考えてみてください。私たちが主のもとで休んでいる間、主は私たちのために何を生み出し、何を創造しておられるのだろうと思いませんか。コロナ禍の休息時に、主はあなたのために何を準備し、何を創造されたのでしょうか。


3)私たちを元の姿に戻す:すでに説明したように、ヨベル年とは、すべての人の元の所有地が回復されたことを意味します。その家族の土地は、不幸や災難、あるいは不始末や怠慢、失敗のために失われたかもしれません。しかし、神はその子孫に永久に欠乏した生活をさせることを望まれませんでした。失敗や平凡の中に閉じ込めることを望まれませんでした。新しい出発のために、彼らの土地を回復させようとされたのです。


旧約聖書に出てくる「所有地」は、私たちの運命や召命、そして今日の私たちへの神の計画を表していると思います。 私たちの多くは、「私はまだ自分の運命に到達していない」と言うかもしれません。神が私たちに与えてくださった可能性にははるかに及ばないことを自覚しているかもしれません。それは、自分自身の過ちや失敗のせいかもしれませんし、先祖の失敗や間違い、不幸のせいかもしれません。


しかし、神はそのような状態に留まることを望んでおられません。 私が失敗の中に閉じ込められることを望んでおられません。平凡に閉じ込められることを望んでおられません。私の運命を私に回復してほしいのです。イエスが回復者なのです。


私は、2-3年のコロナ禍はヨベルの年の預言的なしるしだと思います。神は私たちの運命と召命を回復することができ、また回復されることを私たちに知ってほしいと願っておられます。ヨベルの年で所有地が回復されたように、神は私たちの中に、教会の中に働いて、私たちに新しい始まりを与えてくださっています。


私は、神のエクレシア(教会)のために、間違いなくそう信じています。この3年間は運命の分かれ道です。今、教会は、世界が見たこともないような大きな収穫に足を踏み入れているのです。


しかし、それは教会に限ったことではありません。自分自身のためにも、これを受け取ってください。これは、私たちの運命と私たちへの主の計画の充実に入る、ロック解除と回復の時間です。新しい始まりです。


お祈りをありがとう。


ロンとテディ





成熟をするとき:冠を受け、神と共に治める。

テベット:ヘブル暦第10月

2022年12月25日-2023年1月22日


私たちは、単なる祭司ではなく、王であることを忘れてはなりません。ヘブル7章には、イエスがメルキゼデクの位に従って祭司とされたと書かれています。メルキゼデクは、祭司であると同時に王でもあったのです。私たちは、自分自身と肉の問題に対処し、主に献身する歩みを続けることで、成熟し続けるようにしなければならないのです。



ミニストリースケジュール

・1月22日-2月12日:台湾



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール



・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分



ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます:https://amazon.com/author/ronaldsawka.



英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2023使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2023年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。







最新記事

すべて表示

Komentarai


bottom of page