top of page

2023/3/15 パキスタンへのミニストリー旅行

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年3月15日 

聖書暦5783年アダルの月22日

www.rwsministries.com



「強い人の家に入って家財を奪い取ろうとするなら、まずその人を縛ってしまわないで、どうしてそのようなことができましょうか。そのようにして初めて、その家を略奪することもできるのです。」(マタイの福音書12章29節)


「イエスは、その女を見て、呼び寄せ、「あなたの病気はいやされました」と言って、手を置かれると、女はたちどころに腰が伸びて、神をあがめた。」(ルカの福音書13章12〜13節)



パキスタンへのミニストリー旅行


先日(2月28日~3月5日)、キャッチ・ザ・ファイヤー・パキスタンを支援するためのミニストリー旅行で、私のために祈っていただき、本当にありがとうございました。CTFパキスタンのコーディネーターは、オーストラリア人のダン・ランバートとロビン・ランバート、そしてオーストラリアに住むパキスタン人のウィルソン・アンウェルです。わずか数年の間に、多くのことが成し遂げられたのです。


私が到着すると、ウィルソンと数日前に到着していたCTFシドニーの牧師ヘイデン・スミス、そしてCTFパキスタンの牧師や指導者たちが出迎えてくれました。その後、ダン・ランバートと一緒に新しい教会・学校の建物の献堂式に参加しましたが、これもかなりすごい成果でした。


私は、3日間のセミナーに招かれ、預言の仕方や聖霊の賜物の動き方を教え、活性化させることになりました。参加者は幅広い年齢層で、CTFのいくつかの教会から参加しました。私たちは、素晴らしい喜びの時を過ごしました。若い人たちが知識の言葉を得ることができることを知り始めたとき、信仰と興奮のレベルが高まりました。ジュニータ・ギル牧師(カラチ)は、10代の少女たちにどれほど驚いたかを語りました。彼女たちは内気でおとなしかったのですが、活性化が進むにつれて、自信がついてきました。彼女たちの進歩は早く、すぐ簡単に預言ができるようになりました。ためらいや遠慮があったのが、大胆で喜びに満ちたものに変わっていったのです。これは、預言者サムエルが言った「主の霊があなたの上に激しく下ると、あなたも彼らといっしょに預言して、あなたは新しい人に変えられます。」(1サム10:6)の言葉の真理を示す一例です。


私たちの時間は短かったですが、主はそれを大いに祝福してくださいました。ウィルソンはすでに私の次の旅について話しています。おそらく1週間の預言者学校になるのでしょう。私が知っているのは、私が預言的・使徒的な鍵を持っていること、そして今、パキスタンでその鍵が必要な時であるということだけです。


権威を持ち、物事を順序立てて進める


しかし、その預言者活性化セミナーだけでなく、もっと多くのことがありました。最初から、天の権威を取り、神の秩序を確立させ、聖霊が自由に働けるようにすることがテーマだったのです。そのため、預言的行為、預言的賛美という素晴らしい武器、さらに聖霊のバプテスマを受けるための基礎知識、満たされ続ける方法、再び満たされる方法などを教え、実演することになりました。


今回はパキスタンという美しい国への初めての旅でした。また、私はCTFの教会以外のところにもいました。全体として、教会は強く、活気に満ちていると感じました。確かに問題はたくさんありますが、間違いなく、大きな大きな収穫の寸前にあるという感覚があります。


個人的にはどんな旅になったのでしょうか?出発前、圧力と抵抗を感じ、悪魔が私に行かせたくないと思っていることを知りました。毎日、たくさんのとりなしをお願いし、いただきました。台湾のジョイスは、「主の臨在が私と共にあり、簡単な旅になる」という言葉を共有してくれました。まさにその通りでした。私は一歩一歩、主の好意を受けたのです。洪水被害者のためにヤーン・アライブで編んだ帽子のバッグを3つ預けることも許されました。パキスタンの税関では、何の質問もありませんでした。何もです。


第二の天を扱う-強い人を縛る


帰りの飛行機の中でも、悪魔が「反撃」を始めていることを、もっと早く察知しておくべきでした。私の思いはどんどん揺さぶられていきました。家に着くまで身体的には問題なかったのですが、その夜、風邪をひいてしまいました(コロナではなく、インフルエンザのような症状)。結局、その週はずっと休んでいました。その結果、「休息する時間」を確保することにもっと意識を向ける必要があることに気づいたのは、よかったと思います。

発症2日目、家族とビデオ通話中のテディとすれ違いました。私は立ち止まって、義理の兄に癒しの働きをするように頼みました。彼は祈り、聖霊が示していることを説明しました。彼は「平和」を語りました。すぐに、私は2つのことをはっきりと知りました。


1. この病気の原因は、私たちが主のために「略奪」した領土の「強い人」から来たものでした。


2. 義兄のたった一度のシンプルな祈りが、私の病気の背後にある力を断ち切りました。


すぐに平和が訪れ、思考の攻撃が止まりました。病気はまだ進行していましたが、その背後にある邪悪な霊力は断ち切られました。


それはとても明確で驚くべきことでした。土曜日、中国向けの大規模なオンラインミーティングで話したとき、私は癒しを伝えるように導かれました。聖霊が私の証しを伝えるように導かれたのは当然でした。そして、私が癒しのミニストリーを行ったとき、最初のステップは、まず強い人を縛り、その病気の背後にある霊的な力を縛り、それから初めて癒しのミニスリーを行うことができました。


ですから、祈ってくれてありがとうございます。そして、とりなしチームには、旅の後2週間まで(3月20日まで)、祈り続けてくれるようにお願いしました。


お祈りをありがとう。


ロンとテディ



ヘブル暦12月アダル:真のアイデンティティーに入っていく時です。

2023年2月22日-2023年3月22日


私たちの真のアイデンティティーは、貴重で強力なものです。神はそれを恐れや覆い、あるいは罪の何ものによっても隠して欲しくありません。私たちが自分の真の姿を受け入れ、その中で歩めば歩むほど、私たちは神の祝福を経験することができるのです。



ミニストリースケジュール


・3月19; 21日 - 神戸

・3月24日〜4月2日 - 韓国



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分


ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPP Youtube: www.youtube.com/mppjapan