top of page

2023/4/19 もし、私たちや彼らが癒されなかったら、どうすればいいのでしょうか。

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年4月19日 

聖書暦5783年ニサンの月28日

オメルを数える:13日目




「七回目の安息日の翌日まで五十日を数え、あなたがたは新しい穀物のささげ物を主にささげなければならない。」(レビ記23章16節)


「しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。」(第2コリント人への手紙12章9節)


ペンテコステまで数える:今日はオメルの13日目です。つまり、50日目の5月27日のペンテコステに向けて日数を数えています。ニサンでは、私たちは神が備えている新しいものを渡り、神の息吹によってリフレッシュされたのです。なぜそれがわかるのでしょうか。復活後、イエスが初めて11人に会われたとき、息を吹きかけて「聖霊を受けなさい」(ヨハネ20:23)と言われました。それは新しい始まりでした。彼らはまだ成長し、心の硬さや不信仰を克服しなければなりませんでしたが、神の息吹は彼らの助けとなり、それはちょうど今の私たちを助けてくれます。私たちは新しい始まりの中にいて、ペンテコステに期待を持って数えるべきものです。私たちは神の民です。主は、私たちが主との契約のすべての祝福を知り、理解し、受けることを望んでおられます。



もし、私たちや彼らが癒されなかったら、どうすればいいのでしょうか。


病人のために祈ることがますます緊急性を帯びてきているように思われます。終末の収穫のための終末の軍勢は、預言的な軍勢、「私が命じられたとおりに預言すると、息が彼らの中に入った。そして彼らは生き返り、自分の足で立ち上がった。非常に多くの集団であった(エゼキエル37:10)。」また、癒しの軍隊でもあります。「イエスは十二弟子を呼び寄せて、汚れた霊どもを制する権威をお授けになった。霊どもを追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやすためであった(マタイ10:1)。」ですから、私たちは、集会だけでなく、主が導き、その機会を与えてくださるところならどこでも、病人のために祈るのです。


ほとんどのクリスチャンは、これを実行しようと躍起になっていますが、遅かれ早かれ、私たちが祈っても誰かが癒されないように見えるという問題にぶつかるでしょう。私たちはどうすればいいのでしょうか。もし私たちが病気になり、祈ったにもかかわらず癒されなかったら、どうすればいいのでしょうか。ここにいくつかの思いがあります。


1)信仰を持って、癒しを求めて祈るとき、主はそれを聞いてくださり、何かが起こるのです。私たちには見えないかもしれないし、祈りを受ける人も何も見えないし、感じないかもしれないが、何かが起こったのです。「ですから、あなたがたの確信を投げ捨ててはなりません。それは大きな報いをもたらすものなのです(ヘブライ10:35)。」


2)癒しが起きないように見えることがあります。エリシャは病気で亡くなりました。「エリシャが死の病をわずらっていたときのことである(2列王13:14)。」パウロは「肉体にとげ」を持ち、「私を打つための、サタンの使いです(2コリント12:7)。」そう、これは病気のことではないと主張する人もいるでしょうが、確かに弱さのことを指しているのです。私たちが病気であるとき、私たちは弱いのです。


3)「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである。」これを「二番煎じ」と思ってはいけません。むしろ、特別なレベルの祝福であると捉えてください。


4)私たちは実際に喜ぶべきです。「・・・むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう(2コリント12:9)。」、私たちは自分の信仰の欠如や失敗を感じず、喜ぶべきです。


5)私たちが喜ぶとき、キリストの力が私たちの上に「宿る」のです。この言葉に注目してください。「・・・キリストの力が私をおおうために・・・(2コリント12:9)。」


6)そう、喜ぶのです。「ですから、私は、キリストのために、弱さ、侮辱、苦痛、迫害、困難に甘んじています。なぜなら、私が弱いときにこそ、私は強いからです(2コリント12:10)。」


7)神はこれを用いて、私たちの権威と力を高めてくださることを知りましょう。「キリストは御子であられるのに、お受けになった多くの苦しみによって従順を学び、(ヘブル5:8)。」ヤコブ1章も参照してください。「私の兄弟たち。さまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい・・・その忍耐を完全に働かせなさい。そうすれば、あなたがたは、何一つ欠けたところのない、成長を遂げた、完全な者となります(ヤコブ1:2;4)。」


だから、機会があれば必ず病人(自分も含めて)のために祈り、主が必ず答えてくださることを知っておいてください。何かは起こります。しかし、もしそれが見えないのであれば、自信をなくしてはいけません。主は働いておられるのですから、喜ぶことを選びましょう。


お祈りをありがとう。


ロンとテディ



ヘブル暦2月イヤル:今が癒しに渡る時です。

2023年4月22日-2023年5月21日

オメルを数える(16日目〜45日目)



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分


ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます:https://amazon.com/author/ronaldsawka.


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2023使徒的ファンド約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2023年度使徒的ファンドサポーター」の件名で上記の情報を送信してください。


最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page