top of page

2023/6/14 預言活性化セミナー

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年6月14日 

聖書暦5783年シヴァンの月25日




「すなわち、その治世の第一年に、私、ダニエルは、預言者エレミヤにあった主のことばによって、エルサレムの荒廃が終わるまでの年数が七十年であることを、文書によって悟った。そこで私は、顔を神である主に向けて祈り、断食をし、荒布を着、灰をかぶって、願い求めた。」(ダニエル書9章2〜3節)


「彼は私に言った。「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。私が来たのは、あなたのことばのためだ。」(ダニエル書10章12節)


「私の子テモテよ。以前あなたについてなされた預言に従って、私はあなたにこの命令をゆだねます。それは、あなたがあの預言によって、信仰と正しい良心を保ち、勇敢に戦い抜くためです。」(第2テモテ人への手紙1章18節)


-----


神の教会、神のエクレシアが終末の収穫期に入ったことは、私たちの多くに明らかです。それに伴い、私たちがかつて見たことのないような癒しと奇跡が起こり、それは主に一般の信者たちによってもたらされるでしょう。私たちは、聖書や世界中の預言者や指導者たちが言っていること、言ってきたことから、このことを知っています。


私たちはどのような反応をすればよいのでしょうか。私たちの多くは、祈りと断食を通して主を求める特別な時に導かれるのではないでしょうか。これは、ダニエル書9章に見られることです。ダニエルは、聖書とエレミヤの預言を学んで、イスラエルの捕囚期間が70年であること、その終わりが間近に迫っていることを知っていました。彼は何をしたでしょうか。彼はすぐに断食と祈りに導かれ、主を求めました。


ダニエルは、自分の民であるイスラエルの民が十分な理解や意識を持っていないことを知っていたのでしょう。ダニエルが祈りと断食をもって主に求めたのは、準備不足の心やどんな理由であれ、遅れがあってはいけないと思ったからです。どうしても実現させたいと願っていたのです。


それは、終末の収穫と、神が約束された奇跡、癒し、しるしと不思議の出現の寸前に立っている私たちも同じではないでしょうか。このことは、聖書の中で十分に語られていることです。もしかしたら、このことを正しく理解していない、準備ができていない人がいるかもしれません。ともあれ、私たちは遅れる理由がないように、そして、私たちの周りに大きな収穫があるように、祈らなければなりません。


以下は、所感です。


1)主は遅れを望まれない。ダニエルは、神を信じず、神とともに歩まなかったことを、国を代表して悔い改めました。彼は神の裁きは義であると宣言しましたが、神の憐れみを求めて「・・・主よ。聞いてください。主よ。お赦しください。主よ。心に留めて行ってください・・・」と祈りました。同様に、私たちは自分の欠点と教会の欠点について悔い改めます。私たちは、主の御名のために、耳を傾け、行動を起こし、遅れないよう、主に求めます。


2)迅速な回答。ダニエル書9章20節によると、「私がまだ語り、祈り、自分の罪と自分の民イスラエルの罪を告白し、私の神の聖なる山のために、私の神、主の前に伏して願いをささげていたとき、」ダニエルは御使いの訪問を受けました。ガブリエルは、彼に届くようにすばやく飛んで来ました。さらにダニエルは、「あなたが願いの祈りを始めたとき、一つのみことばが述べられたので、私はそれを伝えに来た(23節)」と言われました。神は、私たちが神を求めることに素早く反応することを望んでいることは間違いないのです。


3)さらなる啓示。ダニエルは、70年の捕囚が終わることに重荷を感じていました。それが彼の焦点でした。しかし、神が彼に示されたのは、それをはるかに超えるものでした。ダニエルは、まさに終末の時についての啓示を受けたのです。同じ原則が、あなたと私にも当てはまります。終末の収穫と癒しと奇跡の解放が遅れないように、私たちが主を求めるとき、主はもっともっと多くのことを示してくださると期待できますし、そうすべきです。


4)私たちの祈りは尊いものであり、必ず聞かれる。ダニエルの話はとても感動的です。彼は断食して、別の幻について理解するために祈ることにしました。3週間後、天使ガブリエルが彼のところに来て、「恐れるな。ダニエル。あなたが心を定めて悟ろうとし、あなたの神の前でへりくだろうと決めたその初めの日から、あなたのことばは聞かれているからだ。」と語りました。しかし、次の言葉に注目してください。「私が来たのは、あなたのことばのためだ。」主は間違いなく、私たちに祈りと断食の時間を設けるよう求めておられるのだと思います。主は、大きな大きな収穫を望んでおられます。主は、私たちが主に向かって呼びかけることを望んでおられます。私たちの言葉のゆえに、主は来てくださるのです。


ですから、主があなたを導いてくださいますように。断食と祈りに導かれても、驚かないでください。きっと素晴らしい結果が待っています。


そして是非、私たちの癒し活性化セミナーのために、ぜひお祈り(断食)ください。


癒しの賜物を活性化させる1日セミナー:CTF佐野、6月17日(土)。午前10時30分~午後4時30分、その後5時30分から癒しの集会を行います。活性化によって主の声を聞き、預言することを学んだように、病人を癒し、奇跡に動くことができるようになります。


ぜひ、現地で参加されることをお勧めしますが、オンラインで視聴することもできます。また、参加者には、癒しを必要としている家族や友人を連れてきて、彼らが主に触れられ、癒されることを強く求めています。ですから、説明することに大半の時間を費やすのではなく、実際に病人を癒す働きに焦点を当てたいと考えています。私たちは説明し、そして実践し、活性化します。


セッションは、癒しを必要とする人がすぐにミニストリーを受けられるように構成されており、希望すればすぐに帰宅することができます。


お祈りをありがとう。

ロン&テディ




宣言し、輝く


タンムズ-ヘブル暦5783年第4月

2023年6月20日~7月18日


サウル王のようにならないようにしましょう。彼は、預言者サムエルから油を注がれたとき、信じられないほどの変化を経験しました。彼は預言をし始め、人々が彼も預言者になったのかと思うほど、預言をしました。しかし、彼はそのことを家族に伝えようとしませんでした。神が自分に油を注いでくださったこと、そして自分がどのようにして預言を学んだかについて、口をつぐんでしまったのです。そのため、主が確認され、主への信頼が高まるどころか、不安と臆病の中で足踏みしてしまったのです。そんなことはやめましょう。主が私たちの人生の中でしてくださったこと、してくださっていることを誇って、輝きましょう。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール



・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

(MPPは6月26-30日お休みとなります。)

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分



ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます。https://amazon.com/author/ronaldsawka.


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2023使徒的ファンド約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2023年度使徒的ファンドサポーター」の件名で上記の情報を送信してください。


最新記事

すべて表示

2024/4/3

Comments


bottom of page