top of page

2024/1/10 病院での神の喜び

ロン・サーカ・ミニストリーズ
2024年1月10日 
聖書暦5784年テベットの月29日

病院での神の喜び

ご存知の方も多いと思いますが、12月21日、私は脊髄の圧迫を取り除くために急遽手術を受けました。手術は成功しました。しかし、その前に脊髄に何らかの損傷があり、左手足があまり反応しなくなりました。医師はリハビリで回復できると言っています。

以下は、これらすべてについての私の7つの考えです。

1)12月20日(水)の損傷を受けた夜、主はロシアのとりなし手であるマリーナを起こされ、彼女は私のために祈らなければならないことを知りました。彼女は知りませんでしたが、私の手術の間ずっと祈っていました。彼女は平安のために祈り抜き、そして私が導かれ、士師記5章の「あなたの力で進みなさい」という言葉を見ていました。彼女が私の手術を知ったのは、2日後の金曜日でした。

2)主はこれを用いて私を備えてくださっています。12月18日(月)のMPPで主は、実がなくても喜ぶことを強調されました(ハバクク3章)。水曜日の朝のMPPでは、主が私たちを次のレベルのために備えておられることを強調されました。水曜日はこのようなことが起こりました。
手術の後、主はパウロが獄中で書いたエペソ人への手紙から、獄中でさえ神はパウロを用い、パウロの偉大な業は獄中で起こったということを思い出されました。だから私は、神がこの中におられ、ここでの私の時間がとても重要であることを知りました。
獄中のパウロを思い起こさせ、神がこれを何か特別なことに使おうとしておられるという兄弟からの手紙に驚きました。 ハレルヤ!

3)満足と喜び ー ここに来て2日目の夜、主はパウロが獄中で書いたピリピ人への手紙に導いてくださいました。この手紙の中で、主は喜ぶことを強調しています。また、私を強くしてくださるキリストによって、私はすべてのことができると言っており、私はどんな状態にあっても満足することを学びました。ただ我慢するのではなく、心から感謝することは、私にとっても同じなのです。結局のところ、ヤコブでさえ、さまざまな試練に遭遇するとき、最大の喜びと見なされると言っているので、私は喜んでいます。神が何か深いことをしてくださっていると知っているからです。私はこのすべてにおいて聖霊にゆだねています。

4)私に語るべき言葉を与えてください ー パウロは獄中で、福音を伝えるために私が語るべき正しい言葉を得ることができるように祈ってくださいと書きました。私もお願いします。 一般の日本人がクリスチャンに対して深い尊敬を持っていることに驚いています。また、主について分かち合う機会もたくさんあります。今年のテーマはイザヤ書57章15節です。神は高い所に住まわれるだけでなく、へりくだる者を助けるために低い所にも住まわれます。「低い所」に置かれたことを心から感謝します。神は今年、私たちが周りの人々に触れることを望んでおられるように感じます。

5)日本への福音 ー 数日前、義理の娘がこの聖句を私に教えてくれました。「しかし、主は、私とともに立ち、私に力を与えてくださいました。それは、私を通してみことばが余すところなく宣べ伝えられ、すべての国の人々がみことばを聞くようになるためでした。私は獅子の口から助け出されました。主は私を、すべての悪のわざから助け出し、天の御国に救い入れてくださいます。主に、見栄えがとこしえにありますように。アーメン(2テモテ4:17-18)。」私の主な祈りの一つは、主よ、あなたの福音が日本中に急速に広まりますように、というものです。日本はあなたを必要としています。 今がその時です。私に起こっているすべてのことが、何らかの形で福音の大きな広がりにつながることを信じています。

6)啓示 ー 主が私にいろいろなことを示したいと願っておられることは知っています。私のために啓示の霊が与えられるように祈ってください。

7)祈りの素晴らしい力 ー 私の状況を知り、皆様が私のために祈り始めると、すぐに事態は好転します。病院で横になって祈っていると、大きな平安が訪れ、主の臨在が感じられます。本当に驚きます。

どうか祈り続けてください。特に、上に書いたいくつかのことについては祈り続けてください。神は私たち全員を大きな収穫のために、また神の目的のために備えておられると信じています。

祈ってくれてありがとう、祝福されますように

ロンとテディ 

追記

1. テディの母は12月29日に96歳で亡くなりました。テディは今月末に帰国予定です。 
2. MPPは1月いっぱいお休みです。
3. 私の新しい本が日本語で出版されました。




神の良さを叫ぶ時
シェバット-ヘブル暦5784年第11月
2024年1月11日~2024年2月9日

神は良いお方です。とてもとても良いお方です。私たちは、神のいつくしみが私たちには及ばないと考えるような状態になってはなりません。たぶん来年?もっと信仰が深まったら?いいえ、そのような考えは偽りです。すべての人間は神のおかげで存在しているのです。人々が神を良いと思わないのは、神を神と認めず、感謝していないからです。これはすぐに否定的で、思い悩むことが多く、不安な思考につながります。このような考え方は、信仰を働かせにくくします。

どうすればそこから抜け出せるのでしょうか。「神は良いお方です」と叫び、力強く宣言することです。そう、叫ぶのです。悲観と恐れを押し殺してください。「私は満足している」と大声で宣言してください。あなたの内なる人がすでに真実だと知っていることと一致するのです。神は良い方です。このことを力強く宣言すればするほど、より多くの奇跡を見ることができるようになります。

もしあなたが打ち破りや奇跡を必要としているなら、あるいは奇跡を待っているなら、力強く宣言し始めましょう。そして、主があなたのためにしてくださったことの証を分かち合ってください。

オンライン使徒的センター
今週の配信スケジュール 

・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分
(MPPは1月、休みとなります。)

ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries
MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!


リソース

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます。https://amazon.com/author/ronaldsawka.

英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。

中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。


ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先

主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。
email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)


献金振込先
ゆうちょ銀行: 029店当座0142537
口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)
口座記号番号: 00250-6-142537


使徒的ファンドサポーターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。


2024使徒的ファンド約束献金

氏名:
口数:
祈りが必要な家族:
国籍:
メール:

個人と家族の写真も添付してください。

「2024年度使徒的ファンドサポーター」の件名で上記の情報を送信してください。

最新記事

すべて表示
bottom of page