top of page

2024/2/14 地上レベルの悪魔への対処

ロン・サーカ・ミニストリーズ 

2024年2月14日 

聖書暦5784年アダル1の月5日



地上レベルの悪魔への対処


このアップデートは、2月の初めから入院しているリハビリテーション病院からのものです。主は驚くべきことを見せてくださっています。最初の41日間の病院では、主はおもに個人的なことについて示されました。このリハビリ病院に来てからは、霊的戦いと権威の使い方について示されるようになりました。説明させてください。


霊的な戦い 


先週のアップデートで覚えているかもしれませんが、私はこの施設での2日目に死の霊に遭遇しました。それはとても明らかでした。すぐに私はその霊を縛り、立ち去るように命じました。でも、そんなに簡単ではありませんでした。私はその後、病院の土地を清め、土地と建物のすべての定めを破棄し、神に捧げ直さなければなりませんでした。詩篇24篇1節には、「地とそれに満ちているもの、世界とその中に住むものは主のものである」と書かれているからです。手術以来、主が私に与えてくださっている権威が大きく増していることに感謝し、それを使いながら感じることができました。私はまた、エゼキエル書21:26-27から、街の支配者である霊たちと街そのものにも預言しました。私はこれらの聖句を宣言し、悪霊の力が打ち倒され、もはやここの支配者ではないと宣言しました。私はこの街にリバイバルを預言し、しるし、不思議、奇跡、そして多くの救いを預言しました。


しかし2月6日(火)の夜、私はそれらの支配霊が私に対して地上レベルの霊を送り込み、嫌がらせをし、回復を妨げていることに気づきました。私はとりなし手たちに、それに対して祈るようメッセージを送りました。


ロンの証


さあ、証しの始まりです。その祈りのリクエストを送ったほんの数分後、私は異言で祈り始め、主は何年も前に日本の第二教会で経験したことを思い出されました。イゼベルの霊のせいで、物事がとても重く困難になっていました。絶望の中で一人で祈っていた時、私は私に取りついている、嫌がらせをしている可能性のある悪霊に「出て行きなさい」と命じました。そのとき、私は衝撃を受けました。すぐに、肩や背中からツメが外され、悪魔が去っていくのを感じました。とてもすがすがしく、自由を感じました。その体験はもうずいぶん前のことですが、聖霊が私に思い出させてくれたのだとわかり、すぐにもう一度やらなければならないと思い、実行しました。私の上にいたり、私の邪魔をするために遣わされているかもしれない霊が去るように命じました。


結果は驚くべきものでした。第一に、この新しい病院ではできなかったことですが、すぐに眠りに落ちたのです。第二に、ここに移ってからは毎晩そうですが、夜まったく目が覚めずに数時間横になれました。一晩中ずっと寝ていたのです。第三に、腫れていた左手が朝には普通のサイズに戻っていたことです。次の水曜日の夜も同じで、すぐに眠れ、痛みで起きることもなく、夜通しずっと眠れました。


悪魔を追い出すために成長しなければなりません


その日の朝、主はさらにマルコによる福音書16章17節から私に語られました。そこには、信者に続くしるしが列挙されています。一番最初のしるしは悪霊を追い出すことで、二番目は異言を話すことです。私たちのほとんどは異言を簡単に話しますが、たぶん私たちはそれほど多くの悪霊を追い出すことはないでしょう。私は悔い改める必要がありました。なぜなら、主が私たちにできること、しなければならないことのうち、最初の、そして最も重要なことは悪霊を見分け、追い出すことだと言われているからです。癒しはリストの最後の方にあります。私たちは悪霊を見分け、追い出すことが最優先事項の一つであるという考え方を持たなければならないと思います。


「信じる人々には次のようなしるしが伴います。すなわち、わたしの名によって悪霊を追い出し、新しいことばを語り、」(マルコ16:17)


3つのレベル


もっと多くのことが言えますが、ここでは悪霊を追い出す3つのレベルについて説明します。第一は、土地をきよめ、その土地や建物や町から悪霊を追い出すことです。第二は、解放のミニストリーで、人の中に住み着いた悪霊を追い出すことです。第三は、私たちの上に来て私たちを妨げようとする悪霊を追い出すことです。悪霊は私たちの上に現れることもあれば、私たちの家、ミニストリー、職場に現れることもあります。彼らは私たちに嫌がらせをし、苛立たせます。最も見落としがちなのは、おそらくこの3番目の種類です。


いらだちや嫌がらせを許さない


民数記33:55には、「もしその地の住民をあなたがたの前から追い払わなければ、あなたがたが残しておく者たちは、あなたがたの目のとげとなり、わき腹のいばらとなり、彼らはあなたがたの住むその土地であなたがたを悩ますようになる。」とあります。もちろん新約のクリスチャンである私たちは、イスラエルの民のように人々を追い出すことはしませんが、私たちの周りにいる目のとげ、腹のいばら、私たちを悩ます敵を追い出さなければなりません。


権威を行使し、悪霊を追い出すことは、神が人に委ねられたことです。神は人に、蛇を含むすべてのものを支配し、支配する権威をお与えになりました(創世記1:26参照)。残念なことに、アダムとエバは敵を追い出さなかったので、最終的にエデンから追い出されたのはアダムとエバでした。


イエスはアダムによって失われた権威を取り戻されました。イエスが私たちに与えてくださったのですから、私たちはそれを使わなければなりません。私たちがまずその権威を用い、悪霊を追い出さなければ、神が私たちのために何かをしてくださるのを妨げてしまうからです。ルカによる福音書13章11節から13節にある、18年間も腰の曲がっていた女性の話を思い出してください。まず、イエスは病の霊を追い出し、それから初めて手を置いて癒しを与えられました。


何かあなたを苛立たせているもの、嫌がらせをしているものはありませんか。そこにいるかもしれない霊や悪魔に、出て行くように命じてください。権威を使って命じてください。ほとんど即座に変化が見られると思います。そして、この権威を使えば使うほど、識別力が増し、その権威において成長することを覚えておいてください。


祝福がありますように。


ロンとテディ 



心の中で真実を語る


アダル1:ヘブルの月の祝福

2024年2月10日~3月10日

 

最近、私が分かち合っていることの多くは、入院中に主が教えてくださったことからきています。主が私にはっきりと示されたことのひとつは、主と主のみことばに沿ったことだけを考え、語ることです。詩篇15:1-2にはこうあります。「主よ。だれが、あなたの幕屋に宿るのでしょうか。だれが、あなたの聖なる山に住むのでしょうか。正しく歩み、義を行い、心の中の真実を語る人。」


これは単に、主が言われることに反する考えを抱いてはいけないということです。たとえば、神は「わたしはあなたとともにいる。私はあなたとともにいる。私が何とかする。心配しなくていい。あなたの祈りは聞いている。」と言われます。これらの真理は非常に明確です。しかし、神が本当に治めているのか、神が本当に私の面倒をみてくださるのか、疑問に思うことは簡単です。


そのような考えが心に入ることを許してはなりません。自分の思考の中で、そのような思いを抱いてはならないのです。自分の思いを守るとき、信じられないほどの平安と喜びがあります。神が治めています。繰り返しますが、心配事や否定的な思いが浮かんだら、その思いを捕らえなければなりませんし、それが霊的戦いの一部なのです。悪魔は私たちの思考を通して、私たちの人生に足がかりを築き、保ち続けるのです。それを許してはなりません。


ですから、このアダル1と2の2ヶ月間、私たちの内なる部分においてのみ真理を考え、語ることができるように、聖霊に絶えず助けを求めてください。


その結果、イエスとの驚くべき交わりを得ることができるのです!詩篇15:1は問いかけます。「主よ。だれが、あなたの幕屋に宿るのでしょうか。だれが、あなたの聖なる山に住むのでしょうか。」そして15:2はこう答えます: 「正しく歩み、義を行い、心の中の真実を語る人。」


その結果、イエスとの驚くべき交わりを得ることができるのです!詩篇15:1は問いかけます。「だれがあなたの幕屋にとどまることができましょうか。誰があなたの聖なる丘に住むことができましょう。」そして15:2はこう答えます。「まっすぐに歩み、義を行い、心の中で真実を語る者」です。


この驚くべき真理は、アダルの月のすべての祝福に当てはまります。どんな偽りも嘘も受け入れてはいけません。神は良い方であり、私たちのためにこれらの祝福をすべて持っておられると信じてください。



ミニストリースケジュール



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


下記の集会をYouTubeで配信しますので、ご参加ください。


MPPは3月に再開予定です。

※変更となる場合があります。


注記:上記の時間は全て日本基準時間です。


ロン・サーカ Youtube:www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan



リソース



他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます:https://amazon.com/author/ronaldsawka.


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。




ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)


献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537


使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。


2024使徒的ファンド約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:

最新記事

すべて表示

2024/4/3

Comentários


bottom of page