2021/5/26 完全にする聖霊の火

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2021年5月26日 

聖書暦5781年シヴァンの月15日

www.rwsministries.com



「わたしが来たのは、地に火を投げ込むためです。だから、その火が燃えていたらと、どんなに願っていることでしょう。 しかし、わたしには受けるバプテスマがあります。それが成し遂げられるまでは、どんなに苦しむことでしょう。」(ルカの福音書12章49~50節)


「・・・その方は、あなたがたに聖霊と火とのバプテスマをお授けになります。」(マタイの福音書3章11節)



God’s River of Fire Conference (Online)

リバー・オブ・ファイヤー・カンファレンス(オンライン)

~神の火を受け、維持する方法~

2021年5月29日(土)午後7時半~9時半


私たちがどういう時代に生きていても、神は今までにないほどに火を注いでいます。神は私たちに聖霊と火でバプテスマを施すことを約束しました(マタイ3章11節)。今回で2回目のファイヤーカンファレンスとなります。今回は神の召しと収穫のためにどうやって神の火を受け、維持できるかに集中します。是非、ご参加下さい。


配信は英語、中国語、日本語、韓国語、ロシア語、シンハラ語、タミール語で行います。


日本語はMPPのYouTubeでライブで視聴することができます。





完全にする聖霊の火


第2回目のファイヤー・カンファレンスを楽しみにしています。今年3月20日に行った第1回目のカンファレンスは素晴らしく、私にとって目を見張るようなものとなりました。神は人々を聖霊に満たし、聖霊によってバプテスマを受けることを望んでいます。更に、聖霊の火が霊の中で燃えることも望んでいます。


火の受け方は、カンファレンスで分与されることだけではありません。求めれば、与えられます。全ての神の約束と同様に、信仰によって活性化することができます。その真理が御言葉で約束されていると理解したとき、単純に信じて、求めれば受け取ることができます。


聖霊の火に伴い発生するしるしと不思議にも感謝しています。最初のファイヤー・カンファレンスを行ったときに、多くの人が聖霊の火を受けたと証しをしました。霊の内から熱を感じる人が多くいました。また、体の中から火を感じる人もいました。あるグループは火(情熱)を受け取った後、毎日オンライン集会を行いました。そこでは多くの奇跡といやしがあったそうです。


ルカ12章49節で、イエスは聖霊の火について話しました。「わたしが来たのは、地に火を投げ込むためです。だから、その火が燃えていたらと、どんなに願っていることでしょう。(ルカ12章49節)」それはイエスが十字架の苦しみを受ける前の事でした。「しかし、わたしには受けるバプテスマがあります。それが成し遂げられるまでは、どんなに苦しむことでしょう。(ルカ12章50節)」イエスが天の父に身を捧げ、十字架の苦しみと死を受け、蘇ることを信じなければ救いはありません。イエスの父を信頼する力はどこから来たのでしょうか?(イエスは人としてこの苦しみを受けたことを忘れないでください。)それは、神の火、聖霊の火がイエスの内に燃えていたからです。


私たちのために命を捧げたイエスの素晴らしい模範があります。彼は徹底的に全てを捧げ、天の父に全てを委ねました。イエスは見捨てられる痛みを体験しました。「・・・わが神、わが神。どうしてわたしをお見捨てになったのですか。(マタイ27章46節)」しかし、イエスの天の父への信頼は揺れることはありませんでした。最後の言葉を使い、天の父への信頼を再び断言しました。「イエスは大声で叫んで、言われた。「父よ。わが霊を御手にゆだねます。」こう言って、息を引き取られた。(ルカ23章46節)」


イエスは素晴らしい模範です。彼は恐れや不信仰、肉の弱さに負けませんでした。これは完全な献身です。


イエスが見せた生き方は、私たちが火のバプテスマを受けた時に成し遂げられるものです。


聖霊の火は全ての妨げや弱さ、不信仰を燃やします。何もイエスの献身を壊すことができなかったように、私たちの内に燃える火は私たちにバプテスマを施し、イエスと同じような効果を発揮します。私たちも清められ、完全に天の父に捧げることができます。収穫のための適した働き人となります。


最後にもう一つ、私たちはどのようにしてこの火を受けることができるのでしょうか?もちろん、カンファレンスのメッセージを聞き、祈りや分与で受けることもできます。しかし、答えはいつでも信仰です。私たちが信仰で聖霊のバプテスマを受け、施せるように、聖霊の火も同じです。いつでも、どこでも信仰の祈りで火を受け取ることができます。また、いつでも、どこでも火を人々に分け与えることができます。


主の祝福がありますように!


ロン・サーカ



契約と祝福の月

シヴァン:ヘブル暦の第3の月、2021年5月12日〜6月10日


神は私たちを祝福したいと願っています。良い夫が妻のために与えたいように、良い父親が子のために与えたいように、神は私たちを祝福したいと願っています。神は契約を通してそれを行います。神は私たちの父親です。私たちは間違える時もありますが、それが問題ではありません。成長するために問題や失敗はあるものです。


大事なことは、私たちが神の契約の内に歩むことです。神を信頼し続けて下さい。躓くときには、また立ち上がり、主とともに歩んでください。神は確かにあなたを祝福したいのです。今年のペンテコステがシフトする時期、そして今までにないように神の契約を握りしめる時として下さい。


シヴァンの月の祝福はこちらで確認することができます。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

・MPP 月~金 午前6時~6時45分

・5月28日(金) 午後7時~8時 (英語、ロシア語)

・5月29日(土)午後7時半~9時半 リバー・オブ・ファイヤー・カンファレンス(オンライン) (英語、中国語、日本語、韓国語、ロシア語、シンハラ語、タミール語)



MPP (Morning Prophetic Prayer=朝の預言的祈り会)


5月31日~6月1日MPPはお休みです。


MPPがさらに多くの未信者にリーチすることをお祈りください。彼らが神の力と愛に触れ、イエスに心を開くようお祈りください。


MPPは、神のみことばからの短いメッセージと、コアチームによる預言の言葉をシェアする時間です。MPPは通常は月曜日から金曜日の朝6時から6:45(日本時間)まで行っています。

MPPはフェイスブックかYouTubeより参加いただけます。


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。






222回の閲覧

最新記事

すべて表示