2021/11/17 主の恐れのうちに成長する

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2021年11月17日 

聖書暦5782年キスレブの月13日

www.rwsministries.com



「その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。」(イザヤ書11章2節)


主を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。」(箴言1章7節)



主の恐れのうちに成長する


昨日、ヘブル5章7節を読んでいた時に、最後のフレーズが目に飛び込んできました。「その敬虔のゆえに聞き入れられました(ヘブル5章7節)。」この言葉は、主が私たちの前に置いておきたいものであり、特にこのような揺れ動く時代に私たちが成長することを求めているものだと思います。


その時、私はイザヤ書8章を思い出しました。そこには、ユダの民が自分たちの国に対する謀反を恐れていたことが書かれています。主は彼らに、謀反を恐れたり心配したりするのではなく、主を恐れなさいと言われました。イザヤ8章12〜14節にこう書かれています。「この民が謀反と呼ぶことをみな、謀反と呼ぶな。この民の恐れるものを恐れるな。万軍の主、この方を、聖なる方とし、この方をあなたがたの恐れ、この方を、あなたがたのおののきとせよ。そうすれば、この方が聖所となられる。しかし、イスラエルの二つの家には妨げの石とつまずきの岩、エルサレムの住民にはわなとなり、落とし穴となる。」


3月、5月、7月にファイヤーカンファレンスを開催するように聖霊が導かれた主な理由の一つは、「主を恐れる心」を育むためだったと思います。エリヤがカルメル山で神の火を呼び起こしたとき、その火は物理的な犠牲を焼き尽くすだけでなく、彼の中にも燃え始めたと思います。それは、彼の人生における間違ったもの(イゼベルへの恐れ、落ち込み、神に忠実であるがゆえの孤独感など)を暴き始めたのです。その結果、エリヤはホレブ山で主と出会い、それ以来、主への深い恐れをもって、主と全く違った関わり方をするようになりました(第一列王記18~19章参照)。エリヤの主との関係は変化し、深まり、彼のミニストリーはさらに高いレベルに達しました(第2列王記1章参照)。エリヤに起こったことは、私たちにとっての模範であり、私たちが恐れから解放され、主にあって自信を持って力強く動けるようにすることは、主が私たちの人生に望んでいる主なことの一つだと思います。


私たちは、どのようにして主への恐れを育むことができるのでしょうか。以下にいくつかのポイントをご紹介します。


1)主を恐れることは、神が私たちの人生に増やそうとしている聖霊の油注ぎの主な要素です。これがなければ、油注ぎは成長しません。「その上に、主の霊がとどまる。それは知恵と悟りの霊、はかりごとと能力の霊、主を知る知識と主を恐れる霊である。(イザヤ11:2)」このことは、箴言1:7にも強調され、繰り返し述べられています。「主を恐れることは知識の初めである。愚か者は知恵と訓戒をさげすむ。」


2)主を恐れて成長するかしないかは、私たちの選択です。「なぜなら、彼らは知識を憎み、主を恐れることを選ばず(箴言1:29)。」


3)私たちは求め、耳を傾けることを選ばなければなりません。「来なさい。子たちよ。私に聞きなさい。主を恐れることを教えよう(詩篇34:11)。」


4)もしあなたが恐れに満ちていて自信がないなら、それは主を恐れに根ざしていないことを指します。「力強い信頼は主を恐れることにあり、子たちの避け所となる。(箴言14:26)。」私たちの多くは、自分を大きく妨げている恐れを持っています。主を恐れることで、それらは取り除かれます。


5)主を恐れることは、私たちを守るための覆いや盾になります。「主を恐れるなら、いのちに至る。満ち足りて住み、わざわいに会わない(箴言19:23)。」何と素晴らしい約束でしょう。終わりの時への恐れは、主への恐れによって打ち消されます。


6)私たちは、熱心に取り組むべきです。妬みやその他の妨げから私たちを守ることができます。「あなたは心のうちで罪人をねたんではならない。ただ主をいつも恐れていよ。(箴言23:17)。」

7)この主への恐れは、ビジネスや経済面での成功につながっています。「謙遜と、主を恐れることの報いは、富と誉れといのちである(箴言22:4)。」繰り返しになりますが、主を恐れが生活の中で際立っていれば、何も恐れることはなく、不足することもないのです。

8)主を恐れることは、成長と伝道をもたらし、神の国を前進させます。「こうして教会は、ユダヤ、ガリラヤ、サマリヤの全地にわたり築き上げられて平安を保ち、主を恐れかしこみ、聖霊に励まされて前進し続けたので、信者の数がふえて行った(使徒9:31)。」


間違いなく、私たちは皆、未知の領域に足を踏み入れています。ほんの数年前には想像もできなかったような激震が世界で起こっています。しかし、神は支配しておられ、ご自身の計画を知っています。それは驚くべき収穫のためです。主は、私たちに主への恐れを教えることで、私たちを整えています。それは、何があっても、どんなことがあっても、私たちを支えてくれます。収穫は近づいています。


お祈りを感謝します。


ロン・サーカ


ピートと一緒に「午後10時から30分の賛美」に参加しよう(日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分)


ピートは数ヶ月前から賛美することを続けています。神は、私たちが神を祝い、賛美することを望んでいます。私たちがそうするとき、救いの水が解き放たれます(民数記21:17参照)。繰り返しになりますが、もしあなたが何か打ち破りや奇跡を必要としているなら、参加してみてください。主が何をしてくださるか、きっと驚かれると思います。


日曜から木曜までの週5回、午後10時から10時30分まで、30分間の賛美でピートとつながり続けることができます。



ヘブル暦の祝福:キスレブ

ヘブル暦5782年、2021年11月5日〜12月4日


配列を正しくして前進する

学んだことを忘れるな

キスレブの月の祝福はこちらで確認することができます。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

使徒的センターのトレーニング(英語、中国語):火曜日 午後8時半〜10時

登録されたい方はchinese@rwsministries.comに連絡してください。

ロシアの使徒的集会(英語、ロシア語):金曜日 午後7時~8時

エクレシアを建てあげる(英語、中国語):11月27日(日)午後8時半〜9時半

・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

※11月1〜3日、23日、MPPはおやすみです。


MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。



閲覧数:208回