2021/11/24 あなたはすでに油注がれている

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2021年11月24日 

聖書暦5782年キスレブの月20日

www.rwsministries.com



「わたしの上に主の御霊がおられる。主が、貧しい人々に福音を伝えるようにと、わたしに油をそそがれたのだから。主はわたしを遣わされた。捕らわれ人には赦免を、盲人には目の開かれることを告げるために。しいたげられている人々を自由にし、主の恵みの年を告げ知らせるために。」 (ルカ4章18〜19節)



「また、私の神は、キリスト・イエスにあるご自身の栄光の富をもって、あなたがたの必要をすべて満たしてくださいます。」(ピリピ4章19節)



あなたはすでに油注がれている


神が私たちに働きを求めていることに対して、すでに油が注がれていることがわかると驚くと思います。私がこのことに気づいたのは、1990年代にクリスチャン・インターナショナル(ビル・ハモンのミニストリー)で「預言的活性化」のセミナーを受けたときでした。


それまで私は、自分が預言できるようになるためには、神が私に新しい油注ぎやさらなる油注ぎ、あるいは超自然的な力を与えなければならない、という典型的な考え方をしていました。その頃、私は何度か主の油注ぎを受けて、預言する言葉を与えられた経験がありました。ですから、預言は聖霊の力がなければできないということをよく知っていました。

しかし、日本の教会やカンファレンスに招いたクリスチャン・インターナショナルの訓練を受けていた預言者たちは、必要に応じて預言することができました。彼らにとっては、まるで異言を話すのと同じようなものでした。頼まれたり要求されると、すぐに預言ができました。


私も彼らのようなことをするためには、もっと油注ぎが必要だと思っていました。「何とかして油注ぎを増やさなければならない。もしかしたら、彼らが私に手を置けばより多くの油注ぎや特別な「賜物」を授けられるかもしれない。あるいは、私がある奥義を知れば、急に力が湧いてくるかもしれない。または、断食や祈りの訓練をしなければならないかもしれない。」などと思っていました。


しかし、そのようなことは正しくありませんでした。すべてがとてもシンプルで簡単であることに驚きました。各セッションでは、神の声を聞く方法のいくつかの側面について、短く聖書の説明があり、その後簡単な「実践的な活性化」が行われました。重要なのは、ただ「実践する」ということでした。指示は常に聖書に基づいていて、とてもシンプルでした。求めて知識の言葉を受け取り、それを口にするかどうかは自分次第でした。印象や言葉、絵やビジョンを受け取ってそれを語ることから預言的な流れへと進んでいく中で、重要なことは同じでした。主を信頼して、それを実行するだけです。つまり、油注ぎはすでにあったのです。


驚きと喜びの連続でした。最初は確かに怖くて躊躇しましたが、「やってみよう」と従うたびにうまくいきました。気がつくと、私は人々を祝福する知識の言葉を話していました。気がつくと、私は預言的な流れに解放されていました。もちろん、その「言葉」は自分自身から出たものだとか、単純すぎると言い続ける自分の心と戦わなければなりませんでした。しかし、受け取った人は毎回、その言葉が私の知り得ないことについていかに正確であったか、そしてそのおかげでどれほど祝福されたかを証言してくれました。(私たちはセッションに参加していた他の人たちのことを何も知らなかったのです)。


言い換えれば、私(と他の人)はすでにそのための油が注がれていましたが、それに気づいていなかっただけだということがわかったのです。私が一歩踏み出して、そのシンプルで分かりやすいステップに「従う」たびに、聖霊がそこにいてくださったのです。


預言的な活性化は、テディと私の人生、そして私たちのミニストリー全体に革命をもたらしました。私はすぐにそれを日本に持ち帰り、私たちの教会を活性化させ、日本中に広めました。そこから、韓国、マレーシア、台湾、ロシア、中国、インドネシアなどへと広がっていきました。


しかし、その重要なことはいつも同じです。セッションに参加している人たちは、自分がすでに油を注がれていたことに気づきます。誰かが来て、「どうすればいいか」という簡単なステップを教えてくれるだけでよかったのです。それは預言だけではなく、癒しを含むあらゆる霊的な賜物もそうです。私たちは、神が私たちに病人を癒すことを望んでいることを知っています。油注ぎを増やすことが問題なのではありません。それを実行することが重要なのです。油注ぎはすでにそこにあるのです。


お祈りを感謝します。


ロン・サーカ


預言を活性化する方法についてもっと知りたい方は、下記のリンクをご確認ください。

https://ja.rwsministries.com/publications



ピートと一緒に「午後10時から30分の賛美」に参加しよう(日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分)


ピートは数ヶ月前から賛美することを続けています。神は、私たちが神を祝い、賛美することを望んでいます。私たちがそうするとき、救いの水が解き放たれます(民数記21:17参照)。繰り返しになりますが、もしあなたが何か打ち破りや奇跡を必要としているなら、参加してみてください。主が何をしてくださるか、きっと驚かれると思います。


日曜から木曜までの週5回、午後10時から10時30分まで、30分間の賛美でピートとつながり続けることができます。



ヘブル暦の祝福:キスレブ

ヘブル暦5782年、2021年11月5日〜12月4日


配列を正しくして前進する

学んだことを忘れるな

キスレブの月の祝福はこちらで確認することができます。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


コロナウィルスの影響で集会がオンライン化しています。下記の集会をフェイスブックで配信しますので、ご参加ください。


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

使徒的センターのトレーニング(英語、中国語):火曜日 午後8時半〜10時

登録されたい方はchinese@rwsministries.comに連絡してください。

ロシアの使徒的集会(英語、ロシア語):金曜日 午後7時~8時

エクレシアを建てあげる(英語、中国語):11月27日(日)午後8時半〜9時半

・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分



MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!


ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2021使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2021年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。


閲覧数:195回