2022/7/6 12-12-12 エルサレムのための使徒的宣言

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2022年7月6日 

聖書暦5782年タンムズの月7日

www.rwsministries.com



エルサレムの平和のために祈れ。「おまえを愛する人々が栄えるように。」(詩篇122篇6節


「ほむべきかな。主。シオンにて。エルサレムに住む方。ハレルヤ。」(詩篇135篇21節)


「エルサレムよ。わたしはあなたの城壁の上に見張り人を置いた。昼の間も、夜の間も、彼らは決して黙っていてはならない。主に覚えられている者たちよ。黙りこんではならない。」(イザヤ書62章6節)



オンラインヒーリングルーム:7月16日(土曜日)、午前10:00〜11:30




最近、主が私をもっと癒しのミニストリーをする方向へ強く押し出されたのを感じました。実際、先週のアップデートのタイトルは、「癒しと奇跡の爆発のための活性化」でした。私は癒しを教え、活性化することが大好きですが、癒しのミニストリーをすることも大好きです。そして、今こそもっと癒しのミニストリーをする時なのです。


そこで、ネット上にヒーリングルームを開設することになりました。これは通常の集会のようなものではなく、配信もされません。しかし、生で癒しのミニストリーを希望する人は、申込フォームで「予約」を取ることができます。そうすれば、私とチームがあなたにミニストリーします。癒しのミニストリーを希望される方は、以下のリンク先の申込フォームを完成し、送信してください。

https://forms.gle/72FFxe1XkSaPiqwG8 または info@rwsministries.com に連絡ください。



12-12-12 エルサレムのための使徒的宣言


私たちが神と一体となるとき、大きな祝福があります。これは、この一致が個人によって行われる場合でも、国家によって行われる場合でも同じです。そのような国家レベルの一致の一つは、2017年にアメリカ大統領(トランプ氏)が、アメリカ議会が(1990年代に)可決した、エルサレムをイスラエルの首都と認め、大使館をそこに移すことを実行したことと関係があります。


ほとんどの国は、他の中東諸国への恐怖や懸念から、同様に慎重でありました。米国がこの動きを発表すると、すぐに反発が起こり、破滅的な警告が発せられました。しかし、その反対はすぐになくなり、中東全域に大きな祝福がもたらされたのです。私の個人的な見解はこうだ。 ①それ以来、絶え間ない混乱と戦争が激減したように思われます。②イスラエル周辺の多くの国がイスラエルを承認し、経済協定を結ぶようになり、③地域全体が、かつてないほど福音に開かれました。これは、エルサレムについて神と一致することの結果の一部であると思います。なぜなら、神はエルサレムをイスラエルの首都として選ばれた方だからです(詩編135:21)。


しかし、今、悪魔は、この主と主の計画との一致を乱すように、物事を操作しようとしています。エルサレムで有名な牧師であり預言者であるリック・リディングス氏が、このことについて記事を投稿しています。 (リンクは許可を得て載せています。)


私たちの多くは、「一つの世界政府」が急速に台頭し、成長していることを懸念しています。この政府は、統一を試みていますが、神抜きで、実際には神と神の計画や目的に反しているのです。これは、バベルの塔の時代に作用した霊と同じものです。人間は何でもできると考え、神を必要としませんでした。しかし神は、それぞれの国が自由であり、繁栄し、自らの運命を全うすることを望みました。このような反神の「統一」は、支配を強め、自由を失わせるだけであることを、主は知っていました。そこで主は言われました、「さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。こうして主は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた(創世記11:7-8)。」


つまり、同じ反キリストの霊が立ち上がり、「一つの世界政府」の急速な台頭を煽っているだけでなく、その背後には、エルサレムから米大使館を移転させるという整合性のない動きが提案されています。この7月13日から16日にかけて、バイデン米大統領がこの地を訪れ、会談を行う予定です。そして、7月16日はタンムズ17日で、エルサレムの城壁が紀元前423年にバビロンに、AD70年にローマ軍に突破された日であることに注目してください。



12-12-12


リック・リディングス氏の投稿では、とりなしをする人たちにこう呼びかけています。①7月12日に少なくとも一食は断食し、②正午12時頃 に③少なくとも12分間とりなしをすること。この霊と悪魔の計画に対して宣言し、主が敵を混乱させ、その計画を混乱に終わらせることを信じます。


皆さんもぜひ参加してください。これは霊的な戦いであることを忘れないでください。私たちは、個人や集団に焦点を当てるのではありません。「私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。(エペソ6:12)。


私たちは神のエクレシアです。この名前は、私たちが決定を下し、それを宣言して、神がそれを実現できるようにする権威を持っていることを意味します。私たちが地上で縛るものは天で縛られ、私たちが地上で解くものは天で解かれるのです。


追記 - 7月11日と12日のMPPでは、12-12-12に参加する際にさらに役立つため、聖霊に導かれた宣言をすることになると予想しています。


追記 - エルサレムの城壁は、紀元前423年にバビロン人によって、そしてAD70年にローマ人によって、タンムズ17日(7月16日)に破られたことに注目してください。私たちは、エルサレムの霊的な壁が再び破られないように、7月12日に宣言するために立ち上がるのです。



お祈りをありがとう。

ロンとテディ



タンムズの月:6月30日-7月28日

特別な宣言の時、そして、あなたの礼拝を通して輝く月です。


重要な日の一つは、タンムズ17日(7月16日)です。タンムズ17日は、イスラエルの民が金の子牛を拝んだ日であり、モーセが十戒の板を割ったのは、民がこの偽りの礼拝ですでに神の契約を破っていたことを意味するものであります。それ以来、タンムズ17日は、敵の計画に対して見張る日であります。エルサレムの城壁がバビロンに破られたのは紀元前423年、そしてローマ帝国に破られたのは紀元70年のタンムズ17日(7月16日)であることに注目しよう。私たちは、エルサレムの霊的な壁が再び破られないように、7月12日に宣言するために立ち上がるのです。



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


参加用リンクhttps://www.facebook.com/RonSawka

・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

・オンラインヒーリングルーム:7月16日(土曜日)午前10〜11時半

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分


MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan

MPPユーチューブ: www.youtube.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!


リソース


あなたが前進するのを助けるために、私は使徒的、預言的基礎を築くシリーズの4冊のキンドル本の価格をすべて見直しました。


・預言を活性化する方法:新しい教会時代の必須経験

・使徒と使徒的油注ぎ:終末時代の信者を建て上げる

・使徒的センター:新しい時代のための皮袋


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポート/ファイヤースターターの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターターになることを検討してください:引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2022使徒的ファンド/ファイヤースターター約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2022年度使徒的ファンドサポーター/ファイヤースターター」の件名で上記の情報を送信してください。



閲覧数:0回