top of page

2023/4/26 消極性と不平不満の罠に打ち勝つ!

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年4月26日 

聖書暦5783年イヤルの月5日

オメルを数える:20日目



「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢になり、手を降ろしているときは、アマレクが優勢になった。」(出エジプト記17章11節)


「モーセは祭壇を築き、それをアドナイ・ニシと呼び、」(出エジプト記17章15節)


ペンテコステまで数える:シャブオット/ペンテコステ(5月26日)までの50日を数えて20日目になります。ニサンでは、私たちは神が備えている新しいものを渡り、神の息吹によってリフレッシュされました。今、私たちは前進し続け、すべての罠に打ち勝たなければなりません。どんな危機も、神が私たちの面倒をみてくださる奇跡的な方法を見るための時間としてください。



消極性と不平不満の罠に打ち勝つ!


今月のヘブルの月のテーマの一つは、いつもの罠を見抜き、回避できるように理解することです。最も一般的な罠のひとつは、消極性です。消極的な考え方は、私たちに忍び寄る傾向があります。たとえ、私たちが打ち破っても、神の約束を受け取ったとしても、注意深くなければ、消極的な考え方は簡単に生じてしまうのです。気づかないうちに、私たちは以前と同じように考え、同じように反応しているのです。そして、すぐに元の状態に戻ってしまいます。まるで、消極的な考えが打ち破りを邪魔しているようです。


イスラエルの民を大きく妨げたのは、このような消極的な考えだったのです。エジプトから解放された後、イスラエルの民は一連の問題に直面し、主はいつも彼らのために奇跡的に解決してくれました。しかし、彼らはその奇跡から学ぶことはしませんでした。紅海の障害に始まり、その都度、消極性と恐怖に負けて、不平を言いました。紅海でも不平不満を言いましたが、主は水を分けてくださいました。紅海の奇跡から3日後、彼らは苦いマラの水にたどり着きました。奇跡への期待はありませんでした。それどころか、彼らはまた不平不満を口にしました。しかし、主は再び奇跡を起こし、水をいやされました(出エジプト15:25)。それから1ヶ月ほどして食料が尽きると、彼らはまたもや不平不満を口にしました。彼らは、モーセが自分たちを餓死させるために荒野に連れてきたのだと非難しました。しかし、神は恵み深く、マナとウズラの奇跡を与えてくださいました。実際、マナはそれから40年間、毎日続きました(16:2-15)。しかし、その次の危機、水がなくなったとき、彼らは再び不平不満を言いました。神は再び奇跡を起こされました。モーセは、主が命じられたとおりに岩を打つと、水が湧き出てきました(17:1-7)。


しかし、それと同じことを、私たちは簡単にやってしまうのです。大きな祝福と打ち破りを経験しながら、その翌日には、その前と同じような問題を抱え込んでいる人がどれだけいることでしょうか。私は数日前、このことに気づきました。神が素晴らしい打ち破りを与えてくださったのに、翌朝、私は次の集会のことを気にしていたのです。


私は、自分が同じ古い罠にはまっていたことに気づきました。消極的な考え方、同じ古い方法で考えることで、実は前夜に主が与えてくださった勝利を完全に無視し、否定していたのです。そこで私はすぐに悔い改めて、次の打ち破りを求めて主に感謝しました。それで、打ち破りがあったのです。それは、その前のものよりもさらに大きなものでした。

どうすれば、消極的な思考に逆戻りすることを防げるのでしょうか。MPPで、驚くべき預言がありました(出エジプト記17:8-16参照)。アマレク人がイスラエルを後方から攻撃してきました。これは、消極的な思考がそうであることを示しています。私たちに忍び寄ってくるのです。モーセが山の上に立って祈っている間、ヨシュアが戦いに送られました。「モーセが手を上げているときは、イスラエルが優勢になり、手を降ろしているときは、アマレクが優勢になった(出エジプト17:11)。」と書いてあります。手を上げて賛美することは、モーセがしたことと似ていると主は言われました。もし私たちがすぐに手を上げて(物理的にも比喩的にも)賛美することを選ぶなら、モーセが手を上げたときにヨシュアにされたように、主が御使たちを解放して助けてくださるのがわかるでしょう。


そうです、私たちの賛美は主への合図であり、主は御使いを遣わされるのです。だからこそ、モーセは祭壇を築き、それを「主は私の旗」と呼んだのです(15節)。私たちが賛美を上げると同時に、この旗が掲げられます。主の御使が即座に遣わされるのです!


ですから、また同じ古い思考パターンに陥っている自分に気づいたら、ただ立ち止まって、両手を上げて(比喩的にでも物理的にでも)、主を賛美してください。あなたは、主ご自身という旗を掲げているのです。すぐに打ち破りを経験するでしょう。


お祈りをありがとう。


ロンとテディ



ヘブル暦2月イヤル:今が癒しに渡る時です。

2023年4月22日-2023年5月21日

オメルを数える(16日目〜45日目)



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール


・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分


ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



ミニストリースケジュール

・5月7日 - CTFジャパンカンファレンス(佐野)

・5月14-21日 - 台湾

・5月21-25日 - フィリピン

・5月26-28日 - 台湾



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます:https://amazon.com/author/ronaldsawka.


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2023使徒的ファンド約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2023年度使徒的ファンドサポーター」の件名で上記の情報を送信してください。


最新記事

すべて表示

Yorumlar


bottom of page