top of page

2023/5/2 主があなたの「たましいを生き返らせる」ようにしましょう

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年5月2日 

聖書暦5783年イヤルの月11日

オメルを数える:26日目



「主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。」(詩篇23章3)


「わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。なぜ、私の前で思い乱れているのか。神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の顔の救い、私の神を。」(詩篇42章11篇)


「これらのことが彼らに起こったのは、戒めのためであり、それが書かれたのは、世の終わりに臨んでいる私たちへの教訓とするためです。ですから、立っていると思う者は、倒れないように気をつけなさい。あなたがたの会った試練はみな人の知らないものではありません。神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。」(第一コリント人への手紙10章11〜13節)



ペンテコステまで数える:シャブオット/ペンテコステ(5月26日)までの50日を数えて26日目になります。ニサンでは、私たちは神が備えている新しいものを渡り、神の息吹によってリフレッシュされました。今、私たちは前進し続け、すべての罠に打ち勝たなければなりません。どんな危機も、神が私たちの面倒をみてくださる奇跡的な方法を見るための時間としてください。



主があなたの「たましいを生き返らせる」ようにしましょう


詩篇23篇3節の「主は私のたましいを生き返らせる」という言葉は、ダビデ王の成功の大きな鍵の一つでした。ダビデは、誰よりも落胆し、致命的な問題を経験しなければなりませんでした。しかし、彼は主とその約束から目を離しませんでした。どんな挫折や問題があっても、どんなに「落ち込んで」いても、絶望や落胆に支配されることはありませんでした。そして、問題の長短にかかわらず、最終的にダビデは勝利を収めたのです。そればかりか、一見問題や挫折に見えることも、やがて昇進への足がかりとなったようです。

彼はもちろん人間であったが、「たましい」に足を引っ張られることはほとんどありませんでした。何度も彼は、「わがたましいよ。なぜ、おまえはうなだれているのか。なぜ、私の前で思い乱れているのか。」というようなことを書きました。しかし、そのたびに彼は、「神を待ち望め。私はなおも神をほめたたえる。私の顔の救い、私の神を。(詩篇42:11)」という正しい選択をしました。彼はこれを何度も何度も繰り返しました。どんなに問題が長引いたとしても、彼は主を見つめていたのです。その結果、勝利、成長、昇進がもたらされたのです。


イスラエルの子たちとなんという違いでしょうか。過越の祭りからペンテコステまでの49日間、彼らはさまざまな問題に直面しました。その一つひとつが、神への信頼を学ぶ機会として、神によって仕組まれたものであったとも言えます。神は、彼らが神を信頼しさえすれば、どのような問題にも答えがあることを理解させようとされたのです。


しかし、彼らはそうしませんでした。彼らは「たましい」の要求、つまり目に見えるもの、感じられるものに屈したのです。危険や窮乏を感じると、すぐに恐怖と心配に駆られたのです。信仰、平和、喜びを深めるどころか、負の連鎖の中で生きていたのです。問題にぶつかると、すぐに不平不満を口にしました。しかし、神はそれに応え、助けてくださいました。彼らは一時的に喜びましたが、その後、自分の力で生きるパターンに逆戻りしました。再び問題が起きると、また心配し、恐れ、不信仰に陥りました。結局、その世代は約束の地に入ることなく(ヨシュアとカレブを除いて)死んでしまいました。


ペンテコステに向けてカウントダウンを続ける私たちは、イスラエルの民の否定的な例からしっかりと教訓を得る必要があります。私たちは心を込めて、神を信じるという選択をし続けなければなりません。毎日、一日中、自動的に主を見つめ、喜びと感謝のうちに生きることができるようになるまで、私たちの主にたましいを生き返らせていただく必要があります。そうすれば、信仰と期待はますます大きくなっていくことでしょう。


お祈りをありがとう。


ロンとテディ






CTF Asia Fire Conferences-ダンカン&ケイト・スミス、マイク&レイチェル・サーカ

テーマ:「主の臨在の火を受け、終末の大収穫にあずかる」

  • 日本、5月5日~7日

  • 台湾、5月12日~14日




ヘブル暦2月イヤル:今が癒しに渡る時です。

2023年4月22日-2023年5月21日

オメルを数える(16日目〜45日目)



オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール



・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

(MPPは5月1-5日、23-26日お休みとなります。)

ピートと賛美:日曜日〜木曜日、午後10時〜10時30分



ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!




ミニストリースケジュール

  • 5月7日 - CTFジャパンカンファレンス(佐野)

  • 5月14-21日 - 台湾

  • 5月21-25日 - フィリピン

  • 5月26-28日 - 台湾



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます:https://amazon.com/author/ronaldsawka.



英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。




ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2023使徒的ファンド約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2023年度使徒的ファンドサポーター」の件名で上記の情報を送信してください。


最新記事

すべて表示

2024/4/3

Comments


bottom of page