top of page

2023/7/27 預言的活性化と新しい使徒的センター

更新日:2023年7月28日

ロン・サーカ・ミニストリーズ

2023年7月26日 

聖書暦5783年アヴの月8日



「愛する者たち。あなたがたを試みるためにあなたがたの間に燃えさかる火の試練を、何か思いがけないことが起こったかのように驚き怪しむことなく、むしろ、キリストの苦しみにあずかれるのですから、喜んでいなさい。それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びおどる者となるためです。」(第1ペテロ4章12〜13節)


「ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした。」(第2コリント1章9節)



注記:夏休み前のWeekly UpdateとWeekly Wordは今回が最終回となります。次回は8月23日(水)です。また、MPPは7月28日(金)に休みに入り、8月28日(月)に再開します。その他のスケジュールの詳細は下記をご確認ください。



預言的活性化と新しい使徒的センター


今週のアップデートは、日本に帰国するために飛行機に乗る準備をしている間に書いています。香港、シンガポール、マレーシア、そして香港キャッチ・ザ・ファイヤーの旅のために祈っていただきありがとうございました。①神の声を聞き、預言する方法を人々に教えること(預言の活性化)、そして②使徒センターが成長し、繁栄できるように打ち破りと前進をもたらすことを今回教えました。


なぜ預言的発動が重要なのか?

①すべての信者のためです。

②神の声を聞き、聖霊の賜物を用いることを学ぶとき、信者は自信と大胆さにおいて急速に成長します。

③人々は主に用いられたいと思い始めます。

④私たちが今迎えている終末の大収穫をもたらすために用いられたいと願い始めます。

私は1990年代にビル・ハモンとクリスチャン・インターナショナルからこのトレーニングを学んで以来、ずっとこのトレーニングを行ってきました。私が行く先々で、人々はこのトレーニングに飢え続けています。また、以前はこのトレーニングを「見過ごした」、あるいはおそらく数ある良いことのひとつにしか思っていなかった多くの人たちが、そのスタンスを変えていることに私は気づきました。彼らは今、主が与えてくださる運命と召しを全うするために絶対に必要なものだと考え始めています。それがなければ、神が望んでいるように前進することができないことを知り始めています。


「使徒的センター」はどうでしょうか。これらはいたるところに出現しているようで、驚くほど効果的であることが証明されています。私が最初に使徒的センターについての本を書いたとき、私は、ほとんどの人と同じように、使徒的センターは大きな場所、大きなグループだと考えていました。それらは次のような場所であるべきです。

①礼拝と賛美がある場所。

②奇跡と癒しが実践されている場所。

③分与がある場所。

④信者一人ひとりの訓練の場所(特に活性化)。

⑤自由と家族が体験できる場所。

⑥信者一人ひとりが、どこにいても神の国のために影響を与えるために、自発的に聖霊に導かれ、用いられる場所。

使徒的センターがさまざまな国で誕生し、今まさにそのようなことが起こっています。


しかし、私たちが想像していなかったことは、その多くが小規模であることでした。このような「小規模な」教会は、使徒的召命を持つ誰かによって率いられますが、通常はより成熟した別の使徒が「カバー」しています。教会員や出席者は流動的で柔軟ですが、家族的で帰属意識が強いです。そこには確かな活力があり、自由があり、聖霊に対する信仰と信頼が信じられないほど感じられます。この旅での私のミニストリーのほとんどは、このような新しい使徒的センターと関連していました。彼らは間違いなくエネルギッシュで活気に満ちていました!このようなセンターが、終末の収穫をもたらし、育てるための主要な器であることを、私たちはますます目にするようになると信じています。



ひどい苦境での繁栄 - 聖霊からの4つの戦略


私たちは「ひどい苦境」(下記参照)として知られる3週間の終わりを迎えました。それは、私たちが主との契約のゆえに輝くための時でありました。なぜ主は私たちにそのような時を過ごさせようとされるのでしょうか。 覚えておくべきことがいくつかあります。


1)試練や苦難などは、奇妙で異常なことではありません。「愛する者たち。あなたがたを試みるためにあなたがたの間に燃えさかる火の試練を、何か思いがけないことが起こったかのように驚き怪しむことなく、(第1ペテロ4章12節)」


2)なぜなら、神はその間に、私たちの人生と他の人々の人生に深く重要なことをしてくださいます。「むしろ、キリストの苦しみにあずかれるのですから、喜んでいなさい(第1ペテロ4章13節)。」


3)神の究極の目的は、私たちが自分自身や自分の力、自分の健康などを信頼せず、ただ神にのみ信頼することです。「ほんとうに、自分の心の中で死を覚悟しました。これは、もはや自分自身を頼まず、死者をよみがえらせてくださる神により頼む者となるためでした(第2コリント1章9節)。」


4)苦しみや艱難は、ほとんどの場合、主が私たちの内に、また私たちのために新しいものを生み出そうとしておられる「産みの苦しみ」でもあります。ペテロの手紙第一4章13節をもう一度見てください。「それは、キリストの栄光が現れるときにも、喜びおどる者となるためです。」これは、苦しみや困難(ひどい苦境も含む)の最終的な結果として、神の栄光、神の勝利が現されることを意味しています。何かが生まれます。ですから、私たちはこの特別な時に期待しましょう。私には、そしてあなたには、どんな新しいことが待っているのでしょうか。


お祈りをありがとう。


ロン&テディ



追記 -7月10日現在、テディはアメリカのオハイオ州にある実家で、現在95歳の母親と一緒にいます。


追記 -今回の旅の最後の2日間を広州で次男のアンドリューとその家族と過ごせました。



タンムズ17日(7月6日)からアヴ9日(7月27日)までの3週間、苦境と呼ばれる期間に入っていることは多くの方が知っていると思います。タンムズ17日は、民がすでに神との契約を捨て、金の子牛を拝んで踊っていたため、モーセが十戒の石板を打ち砕いた日です(出エジプト記32章)。アヴ9日は、イスラエルが10人のスパイの報告を信じ、約束の地に入ることを拒否すると宣言した日として知られています(民数記13、14章)。


それ以来、この3週間は苦境に立たされる期間と呼ばれてきました。イスラエルの歴史には、この時期に起こった災いが数多くあります。たとえば、紀元前423年のソロモン神殿の破壊(アヴ9日)、紀元69年のヘロデ神殿の破壊(アヴ9日)、1290年のイギリスからのユダヤ人追放(アヴ9日)、1492年のスペインからのユダヤ人追放(アヴ9日)などがあります。600万人のユダヤ人が絶滅するという大虐殺をもたらした第2次世界大戦は、すべて1914年(アヴ9日)に始まった第1次世界大戦の影響を受けて起きました。



ユダの獅子が吠えている。立ち上がり、主と吠えましょう!

アヴ-ヘブル暦5783年第5月

2023年7月19日~8月17日


今月は獅子座の月です。獅子の吠える月です。「主はシオンから叫び、エルサレムから声を出される。(ヨエル3:16)」。私たちはまだ「ひどい苦境」(タンムズ17-アヴ9日[7月6日-7月27日])の中にいますが、ますます明るく輝かなければなりません。ユダの獅子が叫んでいる(吠えている)ことに注目してください。それは支配宣言、さらには敵を攻撃し征服することを表しています。パウロは、こうしたすべての苦難の中で、私たちは「圧倒的な勝利者」(ローマ8:37)であると言い、ダニエルは、終わりが近づくにつれて私たちが輝くと預言しました(ダニエル12:3参照)。主が叫んでおられるなら、私たちも叫ぶべきなのです。その叫び、すなわち勝利の雄叫びをあなたの内に轟かせましょう。



ミニストリースケジュール

  • 7月30日〜8月6日 - 韓国


オンライン使徒的センター

今週の配信スケジュール



・MPP: 月曜日~金曜日 午前6時~6時45分

(MPPは7月17日、7月29日〜8月27日お休みとなります。)


ロン・サーカ Youtube: www.youtube.com/@rwsministries

MPP日本語フェイスブック:https://www.facebook.com/mppjapan


祈りのリクエストやミニストリーが必要な場合はこちら!



リソース

ロンの最新作「How to Activate Prophecy and Revelation Gifts」(英語版)は現在、Kindle版で入手可能です。印刷版は佐野の事務所でも入手できます。info@rwsministries.com までご連絡ください。

他の本と一緒に私のアマゾンのページで見ることができます。https://amazon.com/author/ronaldsawka.


英語、日本語の書籍の購入については、info@rwsministries.comまでご連絡ください。


中国語の書籍の購入については、chinese@rwsministries.comにお問い合わせください。



ロン・サーカ・ミニストリーへの献金と使徒的ファンドサポートの献金振込先


主が私たちに与えてくださっている任務を成し遂げるために、皆さんからの捧げ物が大きな助けとなっています。主が皆さんの心に語られるどんな金額も、心から感謝しています。続けて、今年中にこの働きのために捧げてくださる使徒的ファンドサポーターを募集しています!すでに何人もの方々がこの形で捧げてくださっています。使徒的ファンドサポーターとなるように導かれる方は、年間一口12万円の約束献金をしていただけます。ご登録は、CTF事務局までお願いします。

(email:info@ctfjapan.com、電話0283-24-6653)



献金振込先

ゆうちょ銀行: 029店当座0142537

口座名義: CTF Japan (シーティーエフジャパン)

口座記号番号: 00250-6-142537



使徒的ファンドサポーターになることを検討してください。引き続き検討して頂きたいです。今年は更に多くのサポーターが集まると主に言われたと思っています。皆様のサポートが必要です。下記のフォーム又はここで申し込んでください。



2023使徒的ファンド約束献金


氏名:

口数:

祈りが必要な家族:

国籍:

メール:


個人と家族の写真も添付してください。


「2023年度使徒的ファンドサポーター」の件名で上記の情報を送信してください。



最新記事

すべて表示

2024/4/3

Commentaires


bottom of page